2009年 10月 18日

台湾の旧紙幣

タイ・ネタも途中なのに、明日から台湾4日間!!
今回は、日本から両親とSじいと私の4人、それからピーチャイもタイから参加して合計5人旅
ノン智が「本当に私をおいてくの?」って聞くから、「じゃぁ~、月-木で会社休んでよ」って言ったら、「まだ、その大きな川は渡れない」って・・・(爆)
こっちの世界に来る決心がついたら、いつでも連絡してね、迎えに行くわぁ~~~(^m^)

台湾で体調を崩してから、2年くらい台湾恐怖症になってた父。
久しぶりに行くってことで、台湾のお金を探してきた。
「これもそうだろ?」って見せてくれたお金は、私が今まで見たことないものだった。
台湾銀行”って書いてあるから、間違いなく台湾の紙幣なんだろうけど・・・。
私が初めて台湾に行ったのは2001年9月、そのときには流通してたんだろうか???
五拾圓』、『壹百圓』ともに“孫文”が描かれてた。
この50元紙幣2002年まで使われてたけど、緑の100元紙幣は二世代前(一世代前は赤)のだから1990年前後までしか使われてなかったらしい。
ってことは・・・父がブイブイ言わせてた頃のが出てきたってことか!?(爆)
本人にもそう言ってみたら、隣で聞いてた母も大爆笑してた。
台湾に行くと、「私のお父さん日本人です」って20代の台湾人の男の子に声をかけられたり、年配の台湾人ご夫婦に「あなたのお父さんかお母さんは台湾?」って聞かれたりするのは、その辺りに何かあるのだろうか!?( ̄ー ̄)
e0075693_13194493.jpg
ちなみに、これが今のニュー台湾ドルってやつ。
台湾銀行から中央銀行に変わってるんだね。
これ以外に500元札もよく使うけど、200元札とか2000元札ってのもあるらしい。
それは手にしたことがないから、偽札!?って思っちゃうかも(笑)
100元札には旧紙幣と同じく“孫文”が、1000元札には子供が地球儀で勉強???してるとこが描かれてる。
e0075693_13291483.jpg
旧札の裏には、“中山楼”と“総統府”かな。
一世代前の赤い旧100元札の裏は、総統府じゃなくて中山楼らしい。
よーく見ると、“中華民国六十一年製版”って書かれてた。
中華民国元年1912年だから、中華民国61年ってのは1972年ってことだね。
e0075693_13354234.jpg
ニュー台湾ドルの裏側は“中山堂と梅(国花)”と“台湾最高峰(3997m)の玉山と帝雉”。
旧紙幣の中山楼とニュー台湾ドルの中山堂は別物らしい、ふぅ~~~ん。
角度が違うだけで、同じ建物に見えるんだけどなぁ~~~。
e0075693_13462137.jpg
2002年6月30日で流通停止になったものは銀行に行けば両替してくれるみたいだけど、これは記念に取っとくそうだ。
旧50元札1枚と旧100元札2枚だったから、日本円にしたら750円くらいだからね。
若き日の思い出に取っとくのもいいでしょう(。≖ิ‿≖ิ)

無事に帰国したら、タイ・ネタの続きをアップする予定(笑)
タイが終わったら、また台湾で、その次は・・・まだ、ヒ・ミ・ツ(〃▽〃)
[PR]

by hiro428 | 2009-10-18 14:11 | 台湾


<< 外国人の入場料は7倍      激甘コーヒーは意外といける >>