ヒマでも食べる

damenichi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 12日

せめてココくらいは・・・

足元グッチャグチャのトレッキングなんて、私には絶対無理!!
せめてココくらいは・・・って寄ったのは「The Chapel Of The Holy Cross」。
1956年に約30万ドルの費用を投じて建築家マーガレット・ストードが建てたカトリック教会。
ガイドブックか何かに“NYのエンパイアステートビルに上ったときに「天使の居場所を作ろう」と思ったマーガレットは、その場所を探すためにヨーロッパ中を探したけど見つからなくて、たまたま旦那さんと訪れたセドナで「ここだ!」って思って建てた”とか書いてあった。
その当時はまだボルテックスパワーとか知られてなかったんだけど、マーガレッドがここに立って北東を向いたら、そこに聖母マリアが赤ちゃんイエスを抱いてるような岩が見えたから決めたとか・・・。
それが、この「Mary with baby Jesus」って岩で、右側の岩が2人を見守る尼僧2人なんだってさ。
e0075693_14304885.jpg
こんな凄いところに建ってるの!!
1年半かかったって話だけど、当時としては大変な工事だっただろうね。
ちなみに、十字架の高さは27mもあるらしい。
e0075693_1433114.jpg
太陽・サボテン・レッドロック、完璧!!(爆)
e0075693_1434366.jpg
背の低いサボテンだったから、この写真を撮るのはけっこう大変だった(笑)
あのアジア人は何をしてるんだ???って周りの人は思っただろうな・・・(-_-;)
e0075693_14352513.jpg
駐車場に車をとめてループ上の坂を上っていくと、こんなかわいいオブジェがお出迎え。
国を問わず、人は水を見るとコインを投げたくなるものなのね(^m^)
ここにもコインが何枚か入ってたよ。
e0075693_14374299.jpg
せっかくキレイに咲いてた花も霜でこんなになっちゃってた。
日が当たってきたら、またキレイに咲くのかな???
e0075693_14402572.jpg
パッと見、教会とは思えない建物。
シンプルだから、自然ともなんか合っちゃうんだろうね。
いやぁ~~~、本当に素晴らしいねぇ~~~!
e0075693_16174957.jpg
サンクスギビング・クリスマス・イースター以外なら、毎日午前9時~午後5時の間、無料で中に入れるの。
あ~~~、中に入ると神聖な感じがするね。
毎週月曜日の5時からは、讃美歌を歌ったり、簡単な礼拝があるそうだ。
地下にはギフトショップがあって、とくに買う気はないけど見てみたら、クリスマスのセール品とかも置いてあって、教会なのにセール品!?ってビックリしちゃった(笑)
e0075693_1504262.jpg
景色も良くてねぇ~~~。
たぶん・・・これは“カテドラル・ロック”だと思う。
スヌーピー・ロック”ってのもあるらしいんだけど、それがどれだかはわからなかった、残念(T△T)
手前に見えるモスクみたいな!?豪邸は個人のものらしいよ。
相当な金持ちなんだろうけど、ここで生活するのはどうなのかなぁ~~~。
e0075693_1552488.jpg
とっても判りやすい“ベル・ロック”と並んでるから、これが“コートハウス・ロック”って判るけど、他はなかなか難しいね。
そうそう、ディズニーランドにある「ビッグサンダーマウンテン」のオリジナル!?は、セドナの“サンダーマウンテン”なんだって。
ウォルト・ディズニーも一時セドナに住んでて、ここで有名な作品をたくさん手がけてたそうだ。
e0075693_1582771.jpg
実は今回の旅行、最初は「マチュピチュに行こう」って話しだったの。
「全食事つきのツアーじゃないと大変」という父のアドバイスもあって、いくつかツアーを探してみたんだけど、日程的に食事なしのツアーしか見つからなかったのね。
で、じゃぁ~今回はやめておこうってセドナになったんだけど、セドナが大雪で満喫できなかったじゃん。
でも、帰りのリムジンバスの車内で携帯のテレビを見てたら、土砂崩れでマチュピチュに観光客が取り残されたってニュースがやってて、「うわぁ~~~!セドナにして良かったぁ~~~!!」って思った。
だって、もしマチュピチュに行ってたら、その時はまだ帰って来れてなかったわけでしょ。
初日がサンダーストームで潰れたとか、セドナが悪天候だったとか、そんなのかわいいもんだよね。
事故もなく、無事に帰ってこれて本当に良かったよ。
私って、こうやって運を使っちゃってるのかも・・・!?( ̄ ̄ ̄Д ̄ ̄ ̄lll)
[PR]

by hiro428 | 2010-02-12 15:38 | アメリカ/AZ


<< 海鮮小籠包      おぉ~~~!!ついに!! >>