ヒマでも食べる

damenichi.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 29日

「儍瓜乾麵」@南門福州儍瓜乾麵

2日目:8月6日(木)

ピーチャイが予約したのは、朝食付きの1泊5700円(ツイン)の部屋。
ホテルの向かいにある「丹堤珈琲(ダンテコーヒー)」に行き、ホットドック・ゆで卵・コーヒーのセットで朝食を済ませた。
私がこの日から予約した1泊5000円(ツイン)の部屋には朝食がついてないから、台湾でコーヒーを飲める貴重な1食だったかも・・・。

ホテルに戻り、シングル1部屋とツイン1部屋の空いてる部屋があるか聞いてみた。
というのも、今日からノン智が合流するから、ピーチャイがシングルに、私とノン智がツインの部屋に滞在することになってて、部屋が空いてれば荷物を移動しておきたいなって思ったから。
1時間くらいで用意できるって言われたから、朝のお散歩がてら「伍中行」まで歩いて行ってみた。
2年ぶりでも、ピーチャイがニコニコしながら「おはようございます」って言うと、「あ~~~!!」ってすぐに気付くお店のおばちゃん。
見た目怖い人がちょっと笑うと「良い人」とか「優しい人」とか言われるじゃん。
きっと、たぶん、いや絶対、ピーチャイの“あの”偽りの笑顔がおばちゃんの心をわしづかみにしてるんだろうなぁ( ̄ー ̄)
ここの目的は頼まれ物のカラスミを購入すること、私は店内をフラフラしただけだった。

ホテルに戻り、荷物を移動して、一度チェックアウトして、再度チェックイン(^▽^)
ノン智がホテルに着くのは1時半くらい(私がそうだったから)と想定して、二度目の朝食を食べにMRT古亭駅へ。
古亭駅6番出口を出て、そのまま真っ直ぐ歩き、杭州南路二段を右折。
本当に合ってたのかな???って不安になりながら歩いてると、潮州街の手前左側に台湾おにぎりの「劉媽媽飯糰」の赤い看板が見えた!
営業時間は5:30~11:00(休みは月の最後の月曜日)、ギリギリだったけど、間に合って良かったぁ~(^O^)/
e0075693_1703266.jpg
まとめ買いしてバイクで走り去っていくサラリーマンに、近所のお得意さんらしきおじさん、やっと順番が周ってきた。
あ~~~、桶の中のご飯はまだ残ってるか!?
不安になりながらも“辣味飯糰(30元)”と“海陸總匯飯糰(50元)”の2種類の台湾おにぎりと、ドリンクは“養身黒豆漿(15元)”の冷たいのと“健康紫米漿(15元)”の冷たいのを注文した。
辣味飯糰は、油條、卵焼き、煮卵、肉髭、辛い切干大根、酸菜を、白いもち米と黒米を半分ずつ使って巻いた(にぎった)、ちょっと辛いおにぎりだった。
海陸總匯飯糰は、漢字の並びでなんとなくわかるように、海と山のミックスおにぎり。
台湾おにぎりの定番、油條、卵焼き、煮卵、肉髭、切干大根、酸菜に、とんかつ、ツナも入れたスペシャルバージョン。
養身黒豆漿は黒豆の豆乳、健康紫米漿は黒米と落花生ジュース。
健康紫米漿はドリンクというより、これで1食ってくらい濃厚なジュースだった。
お店の人はとっても親切で、ドリンク代もサービスしてくれて、どっか食べる場所があるか聞いたら、お店の並びにあるペットショップの向かいにあるベンチで食べるといいって案内までしてくれた。
中正記念堂駅にも支店があるみたいだけど、どうせならこっちまで来て食べたいなぁ~って思った。
e0075693_1817611.jpg
予定ではもう1件って思ってたんだけど、時間的に閉まってたし、おにぎり2個はやり過ぎた(^◇^)
暑い中をフラフラ歩いてたら喉が渇いたから、スーパーに入って“分解茶”ってのを買ってみた。
ウコン入りだし、なんとなく体に良さそうな気がしてね。
とは言っても、ウコンだしねぇ~、喉が渇いてるのに恐る恐る飲んでみた。
あら?意外と普通・・・それはそれでよかったわ(-。-)
e0075693_1216617.jpg
おにぎりを食べてから約1時間40分後、今度は中正紀念堂駅にある「南門福州儍瓜乾麵」へ。
2番出口からすぐ、大行列の「金峰魯肉飯」の角を曲がったとこにあるお店。
そういえば、同じような名前の“小”がついただけの「小南門福州儍瓜乾麵」ってお店とは関係ないのかな???
e0075693_1222394.jpg
忙しい時間に行ったのが間違いだった。
入口では相手にされず、空いてる席に座ってお店の人に声をかけても入口のほうを指差すだけ。
どうやら入口に置いてある(らしい)注文票にテーブル番号を書き、欲しいものにチェックして、それを持ってって入口でお金を払うらしい。
儍瓜乾麵(小25元)”と“炸紅糟排骨乾麺・附魚丸湯(75元)”を注文。
排骨がかなり後から運ばれてきて、テーブルに置かれたからうちの分だと思って食べてたら、さらに赤っぽい排骨が運ばれてきた。
どうやら先に来たのが、同じテーブルにいた別の人の排骨だったらしい。
たしかに比べてみたら、後のほうが赤っぽいけど、初めてなんだからわかんないっつうの!
店のおばちゃんがテーブルにバンッて置いてったくせに、間違えて食べちゃったからって伝票をバンバンってテーブルに叩きつけて切れるから、いくらなんでもそれはないだろうって思った。
他のテーブルの台湾人もなんだか大きな声で怒ってたから、むかついてるのは私達だけじゃないんだろうけどね。
で、肝心の味は・・・悔しいけど美味しかった。
ん~~~、もっと空いてる時間に行けばよかったのかもねぇ~。
でも、次回は“小”がつくほうのお店に行ってみようと思う。
e0075693_12415965.jpg
台北駅に戻って、新光三越の地下のスーパーで“黄金鵝油香葱(298元)”っていう、ガチョウの油で葱を揚げたものの瓶詰めを購入。
なかなか見つからなくて、お店の人にプリントした写真を見せながら「アーヨージンツォン(鵝油金葱)」って言ったら、すぐにわかって案内してくれた。
決して「アーヨージンツォン」が通じたわけではないんだけどね(-_-;)
前日に食べたガチョウの油をかけたご飯が美味しかったから、ピーチャイも同じの買ってた。
e0075693_12533027.jpg
スーパーの1つ上の階にあるフードコートに「干記杏仁豆腐」があったから、杏仁ミルクを削って作る“杏仁雪花氷”にも挑戦。
杏仁ミルクのかき氷の下には杏仁豆腐が隠れてて、超~~~杏仁で美味しかった!!
場所も便利だし、また次回も食べようっと(^-^)
e0075693_12573655.jpg
そろそろノン智もホテルに着く頃だろうとホテルに向かう。
あんなに晴れてたのに、なんだか空が怪しい感じ・・・。
ホテルに着くと、ロビーのおばさんが「いる」と一言。
エレベーターを降りると、ノン智が部屋の鍵を開けてるとこだった。
ノン智と無事に合流したのもつかの間、窓から外を見ると、恐ろしいほどの雷雨になってた。

しばらく待ってたけど雨はやみそうにないので、靴を履き替えてお出かけ。

つづく・・・。
[PR]

by hiro428 | 2012-08-29 13:11 | 台湾


<< 「薬膳火鍋」@天香回味      「ガチョウ料理」@阿城鵝肉 >>