カテゴリ:'06 ニュージーランド( 16 )


2006年 06月 09日

クリーミーライス

ニュージーランド・ネタもこのくらいで終了。

イロイロ買ってきたけど、これをスーパーで見つけたときは釘付けになtった。
その名も「Creamy rice」!!
選んだのは無難!?なチョコレート味(笑)
e0075693_1251491.jpg
米粒は硬めで、しっかり残ってて、チョコレート部分はとってもクリーミーだった。
e0075693_12123295.jpg
アメリカで食べた「ライス・プディング」、メキシコで食べた「アロス・コン・レチェ」、タイで食べた「カオ・ニャオ・マムアン」など、甘いご飯に免疫はある。
「わぁ~クリーミーライスだぁ!」って飛びつくまではいかないけど、普通に美味しいと感じた。
他にバニラ味バナナ味イチゴ味もあったので、機会があったら、また挑戦!?
[PR]

by hiro428 | 2006-06-09 12:17 | '06 ニュージーランド
2006年 06月 08日

キウイ、フェイジョア、キワノ

断面ショーつながりで、フルーツ3種も切ってみました(笑)

普通の緑のキウイと、最近は日本でもお馴染みの「ゴールド・キウイ」。
その奥にある、まるで“青汁”みたいのは、キウイジュース
キウイジュースは、青汁まではいかないけど、青臭かった。
そして、ゴールド・キウイの美味しさにはまった私は、日本でもゴールド・キウイばっかり食べている。
でも、値段がね・・・ゴールド・キウイでもニュージーランドなら4個で70円くらいだもん。
e0075693_18402065.jpg
アグロドームの日本人スタッフが教えてくれた「フェイジョア」というフルーツ。
初めて食べたけど、どう表現すればいいのか・・・。
洋ナシに似てるかな・・・いや、違うかな・・・わかんない。
e0075693_18423859.jpg
キワノ」は、ビニール袋を破くほど、ものすごいトゲトゲのフルーツで、これは凶器になるなって思った。
中身は種がジェリー状のものに包まれてて、“あけび”みたいな感じ。
種を出すのも面倒だから、種ごと食べた(笑)
味は、選んだのがそうだったのかもしれないけど、また食べたいかというと「結構です」かな。e0075693_1848192.jpge0075693_18484115.jpg
[PR]

by hiro428 | 2006-06-08 18:49 | '06 ニュージーランド
2006年 06月 07日

White Lady/オークランド

Queen St.から、Shortland St.を曲がった角に出る移動式のハンバーガーショップ“White Lady”ってのが「一番美味しい」と、いろんなサイトに載っていた。
夜7時以降に出ると書いてあったけど、土曜日は昼間も出ていた。
ハワイアンバーガー、ステーキバーガーなど、ここでしか味わえないオリジナルメニューもかなりデカイらしいけど、3種類のジャイアントバーガーの大きさは圧巻!!
e0075693_1718433.jpg
2人で1個、店名にもなってる「WHITE LADY」というのを注文した。
いくつか路上に椅子も置いてあったけど、そんな大きさなら絶対に手も口の周りもグチャグチャになるはずだから、お持ち帰りにした。
ちょっとバンズがフニャフニャになっちゃったけど、ホテルに着いてもまだホカホカ。
e0075693_17222134.jpg
断面ショー(笑)
e0075693_17244997.jpg
レタス、トマト、ハム、パテ、肉、パイナップル、玉ねぎ、卵など、盛りだくさん!!
たしかに美味しかった!・・・けど、胃がもたれて寝付けなかったのは年のせい!?(泣)
[PR]

by hiro428 | 2006-06-07 17:27 | '06 ニュージーランド
2006年 06月 06日

Tony's the Lord Nelson/オークランド

ここは事前に調べてあったんだけど、ガイドさんにも薦められたレストラン。
「肉料理なら何を食べても美味しい」と言っていた。
【Tony's Lorne Street】という有名なステーキハウスもあるので、お間違えのないように(笑)
坂道の途中、スカイタワーの逆バンジー乗り場のまん前にあるのでわかりやすい。

ニュージーランドの代表的なビール「LION RED」と「STEIN LAGER」を注文。
LION REDの工場はオークランド市内にあるんだけど、工場見学が有料だったのでやめた。
どちらも飲みやすいビールだった(美味)。
e0075693_19402971.jpg
赤身でアッサリしている鹿肉のまわりにベーコンを巻いたステーキはガイドさんのお薦めだったこともあり、1品目はすぐに決まった。
そして、羊を食べないことにはニュージーランドに来た意味がない!ってことで、ランチメニューの中から「ラムのキドニーなんとかかんとか」ってのを注文した。
すると、お店の人が「キドニーって知ってる?私は好きじゃないけど、あなたは?」て聞いてきた。
てっきり、ラム肉とキドニービーンズの料理だと思ってたから、「へっ?」って感じ。
「キドニーは内臓よ」って教えてくれて、そこで「あっ腎臓だ!」って気付いた。
キドニービーンズは腎臓の形に似てるから、キドニービーンズなんだよな(笑)
通常メニューの中から、薦められたラムチョップを注文することにした。
鹿も羊も本当に美味しかった。
最近は東京でも生ラムってのが普通に食べれるようになったけど、鹿を食べる機会ってなかなかないから、またニュージーランドに行くときは、【鹿】は外せないなと思った。
e0075693_19435548.jpg
それにしても店のメニューを堂々と「私は好きじゃない」と言ってしまうとこがすごいな・・・。
「嫌い」って言わないだけいいのかな!?
[PR]

by hiro428 | 2006-06-06 19:59 | '06 ニュージーランド
2006年 06月 04日

Cafe Cezanne/オークランド

オークランドの西側のカフェやレストラン、商店などの立ち並でいるPonsonbyというところに行った。
朝だったからか・・・なんかパッとしない。
目指したお店は「Ponsonby Pies」という、あるサイトで【格別!】と書いてあった店。
オークランド・ナンバー1というだけあって、期待して住所を見ながら探していくと・・・また潰れてた(泣)
移転したのかもしれないけど、ダウンタウンの店も閉まっていたので、どうなってるのかは不明。
とにかく朝食を!ってことで、並びにあったオークランド・ナンバー2という看板を掲げた、控えめな!?「Cafe Cezanne」に入った。
e0075693_1630135.jpg
注文したカフェ・モカは、またしてもお腹を壊すようなデカさだった。
ガラスケースに並んでたキッシュが美味しそうだったので1種類ずつ頼んだ。
温めたキッシュとサラダ、十分すぎる朝食になった。
e0075693_16305017.jpg
新聞を読みながらゆっくり朝食をとる人や、マフィンを買って足早に出て行く人、早めに入ったから気付かなかったけど、なかなか人気の店だったようだ。
[PR]

by hiro428 | 2006-06-04 16:38 | '06 ニュージーランド
2006年 06月 03日

キットカットの誘惑!?

今回、泊まった【KINGSGATE HOTEL PARNELL】は、「高台にある眺めのいいホテル」といえば聞こえは良いけど、ようするに坂の上にあるホテルだった。
ホテルの目の前にバス停があったので、帰りはそれを利用するとして、行きはパーネルという通りまで坂を下って、オークランド市内中心を巡回してるLINKバスに乗った。
一律NZ$1.50で、お札を出しても、ちゃんとお釣りをくれる。
基本的にノンビリしてる人達なのか、急いで乗ろうとする人もいないし、急いでお釣りを渡そうともしない。
お釣りが出ないようにお金を用意してたのに、なんだか拍子抜け。
e0075693_2150235.jpg
バスの中から「KitKat Temptations」という看板を発見。
こんな形のキットカットなんて見たことな~いってことで、コンビニへ。
スーパーには置いてなかったけど、コンビニで3種類見つけた。
e0075693_2152173.jpg
誘惑されまくり~~~(笑)
[PR]

by hiro428 | 2006-06-03 22:08 | '06 ニュージーランド
2006年 06月 02日

Harbouside Restaurant/オークランド

ツアーが終わり、私達をホテルで降ろせばいいか聞かれたので、オフィスでいいと言った。
オフィスの向かい側に「Harbouside Restaurant」というシーフードレストランがあるのを朝のうちにチェックしてたからだ。
ここの店なら“BLUFF OYSTER”が置いてあるはずと聞いていたので、帰りの車内で軽食をたいらげたってのに行ってみた。
ゼェゼェしながら階段を上りきると(エレベーターに乗ればよかった)、想像してたより奇麗な店で驚いた。
もっとカジュアルな感じだと思ってたら、スーツ姿の人なんかもいたりして・・・。
でも、観光地だから、観光客ですって私達のような格好の人達もいたので、ちょっと安心。
e0075693_9444486.jpg
SPECIAL EVENTSの「OUR FAMOUS CRAYFISH PROMOTION」にちょうどぶつかったので、3000円以下で海老が食べられるならって注文してみた。
日本語のメニューを見たら、クレイフィッシュは「伊勢海老」と書いてあった。
そして、メニューにはなかったけど、BLUFF OYSTERがあるか聞いてみた。
1個300円くらいだから、かなり高級な牡蠣だとは思うんだけど、この時期にしか食べられないと聞いたら、やっぱり食べるしかない!
貝の形は、ホタテを牡蠣風にした感じ!?(笑)
味は、牡蠣が苦手な私でも食べられる美味しさ
6個頼んで、1個だけ食べればいいやって思ってたのに、ちゃんと3個食べちゃった(笑)
シーフードパスタも頼んだんだけど、これはイマイチだった。
不味いんじゃなくて、普通だなぁ~って思った。
シーフードパスタなのに、ぶつ切りのソーセージがボコボコ入ってたりしたのが、たぶん家庭的って雰囲気をかもしだしていたのかも・・・。
頼んだ中で一番高かったのは白ワイン!
オススメを聞いて、値段を見て選んだのに、見た値段がボトルじゃなくてグラスの値段だったのだ。
1つしか値段が載ってなかったから、「NZ$11なんて安いじゃん」って思ったら、しっかりNZ$44も・・・。
たしかに美味しいワインだったけど、この先、ワインを飲むことはなかった(笑)
[PR]

by hiro428 | 2006-06-02 09:51 | '06 ニュージーランド
2006年 06月 01日

The New Zealand Maori Arts & Crafts Institute/オークランド郊外

ツアーの続き・・・。

ロトルアの「The New Zealand Maori Arts & Crafts Institute」は、“マオリの文化”と“間欠泉”の両方が味わえる。
まず、入り口が工事中のため、中までけっこう歩かされた(笑)
超難関のニュージーランド・マオリ美術工芸学校では、彫刻の製作工程が見学できる。
ここに入れるのは、マオリの血が入っててとかって条件がいろいろあって、生徒数も十数名だとか。
他にもマオリの民家とか、集会場とかが再現してあって、ここでも例の英会話が始まった(汗)
     「コレハナンダカワカリマスカ?」
     「グリーンストーンって書いてあるじゃん。」
     「ソウデスネ。デワ、ニホンゴデハナントイウデショウ?」
     「ん~~~、メノウかな???」
     「メノウ???アーーー、コレワヒスイデスネ」
     「翡翠なんだぁ、へぇ。」
相変わらず、みんな無言なので、私だけ答える。
もう二人っきりでお話しましょうよ(笑)
e0075693_2145996.jpg
それから、泥が沸々してる池とかを見て、最大の見どころ「間欠泉」へ!!
ここの間欠泉は、数十分ごとに熱湯をブオ~~~っと20~30mも噴き上げる。
4月にサンフランシスコの北にある“Calistoga”で間欠泉を見ようかどうか迷って、ちゃちい割りに入場料が高いからもったいないってことでやめた。
なので、今回の間欠泉は本当に楽しみだった(笑)

まぁ、当然といえば当然なんだけど、私の前髪は湿気でクルクルになっていた(泣)
[PR]

by hiro428 | 2006-06-01 21:22 | '06 ニュージーランド
2006年 05月 31日

生姜ビール!?

ツアーの最中に何のビールが好きかって話を小耳に挟んだ。
ニュージーランドはビールの種類も豊富だからだ。
e0075693_1142416.jpg
GINGER BEER」というのがあると聞いて、さっそくスーパーで探してみた。
しかし、ビール売場には置いてない。
探し回って見つけた場所は、ソフトドリンクが冷えてる冷蔵庫の中だった。
そう、ジンジャービールとは、以前、紹介した子供ビールみたいなノンアルコールのものだったのだ。
感想・・・ジンジャーエールじゃんか。
ジンジャーエールも会社によって味が全然違うから、これもその一つって感じ。
何事も試してみなきゃわかんないもんだな。
[PR]

by hiro428 | 2006-05-31 11:47 | '06 ニュージーランド
2006年 05月 30日

AGRODOME/オークランド郊外

ツアーの続き・・・。
AGRODOME羊に餌をあげた
もう、かわい~のなんのって、モグモグモグって私の手のひらの餌を一生懸命食べるわけよ。
そのモグモグしてる感触がたまらない!!
ダチョウはくちばしが痛いって聞いたからやめたんだけど、羊のときは強制的に餌を渡された(笑)
屋根がついてるトラックみたいのに乗って移動するんだけど、ここで働いてる日本人男性もこのトラックに乗り込み、やたらハイテンションでしゃべってた。
牛、羊、ダチョウ、エミュー、鴨となんでもいるんだけど、を見るなり「きれいな馬ですよねぇ。僕も馬が欲しいんです。うちの社長は馬通勤してるんです。車より安いし、餌はいくらでもあるから燃費もいいですしねぇ。ハハハ・・・」と言っていた。
こういう人こそ、ニュージーランドに住むべきなんだなって思った。
一通り、動物を見たり触れたりしてから、羊の毛がりを見せてくれる。
私に餌を強制的に渡したお兄ちゃんがやるようで、黒のタンクトップ姿はなかなか(笑)
羊にバックドロップ!?して、見事に毛をかっていく。
腕?とか足の曲がったとこは、ここを押すとってポイントがあって、そこを押すとピンッと伸びる。
これが本当におかしくて、お兄ちゃんは調子に乗って何度もやっていた。
そして、羊の反撃・・・かっこつけて説明してるお兄ちゃんの股間をモゾモゾ。
羊の顔を押さえ込み、本気で照れてた(笑)
     ※笑ってたからぶれちゃったけど、実際は、顔もかっこよかった。
e0075693_1181228.jpg
あんなステーキを食べた翌日なのに「美味そう」って思ってしまった牛たち(笑)
e0075693_11132673.jpg
糸のつむぎ方や、昔の機械なんかも見せてくれる。
日本がこれから寒くなるならセーターの1枚も欲しくなるとこだけど、いくらかわいいな思っても買うまでには至らなかった。
[PR]

by hiro428 | 2006-05-30 23:59 | '06 ニュージーランド