ヒマでも食べる

damenichi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アメリカ/UT( 4 )


2008年 06月 07日

昔のCMで使われた風景

Holiday Innの朝食は、宿泊代には含まれないどころか7ドル以上もするらしい。
朝っぱらから7ドルの元は取れないので、ペイジのスーパーで買っといたフルーツを食べた。
砂糖か蜂蜜つきのナバホ・ブレッドを1部屋に1つサービスしてくれるらしいんだけど、あれは1回食べれば十分だしねぇ~(笑)
「ホテルのレストランやお土産屋さんの支払いは、チェックアウトのときにまとめて出来る」って言われたけど、どっちも利用することはなかったし、利用しなくて良かったって思った。
なぜなら・・・ここはナバホ居留地、宿泊料金にはState Tax:6.05%City Tax:5%、それ以外にTribal Tax:8%がつく!!
1泊119ドル141.67ドルになっちゃうんだもんなぁ~~~(T▽T)
しかも、「レシートが欲しい」って言ったら、ちょっとムッとされたしね。
ムッとされる理由がわからないまま、とりあえず出発!
モニュメントバレーを通り抜けるような感じでデュランゴまで戻る予定。
昨日とは違う朝の風景、道沿いにあるビュー・ポイントに何ヶ所か停まって写真を撮った。
e0075693_10525621.jpg
ビュー・ポイントの中には、インディアン・ジュエリーを売ってる場所もあって、そういう場所は写真を撮るにも良い場所だった。
みんなが立ち寄るから、売る人もいるってことなんだろうね。
その中の1ヵ所で母のお土産を買ったら、「3個なら○○ドルにするわよ。姉妹にどう?」って言われた。
売るほうも必死だよね(笑)
この写真↓は道の真ん中に立って撮った。
時速100キロ以上で走ってくる車がどっちからも来てないことを確認して走った!!
e0075693_23275020.jpg
この写真↓が撮りたくて、何度も何度も振り返ってビュー・ポイントを探した。
道の先にモニュメントバレーがある風景って、かっこいいよねぇ~~~O(≧∇≦)O
この風景、昔々「マルボロ」のCMで使われたことがあるとか・・・。
タバコの自販機にカウボーイハットをかぶった男性の写真があったのは覚えてるんだけど、たぶん、それがマルボロだったんじゃないかな???
e0075693_1059482.jpg
モニュメントバレーアリゾナ州ユタ州にまたがってるから、この時点ですでにユタ州に入ってた。
次に目指したのは、街の名前にもなってるメキシカンハットという岩。
ファーストフードの1つくらいあるだろうと思ってたら、本当に本当に小さな街で、気付いたら通過してた(笑)
Holiday Innからメキシカンハットまで、約46マイル、50分くらいで着くはずなんだけど、ビュー・ポイントに立ち寄りすぎて2時間以上が経っていた。
メキシカンハットの近くまで行ける道があったんだけど、未舗装道路に毛の生えたような程度の道だったから、ここまで来てパンクするわけにはいかないと思ってやめた。
e0075693_1171626.jpg
ランチはどうしようか・・・と思いながら、グースネック州立公園を目指す。
約6マイル、10分くらいの間に道以外何一つないまま到着。
国立公園でも、居留区でもないから、ここは入場料無料!!
見るまでは、ホースシュー・ベンドとどう違うわけ!?って思ってたんだけど、なるほどぉ~グースネックだねって感じだった(笑)
州立公園だけあって、トイレもあれば、ご親切に手すりもある!
手すりがあることに感動するって、かなり何かが麻痺してるよねぇ~('◇'、)
それから、屋根の下にはテーブル椅子まで設置してあった。
ここで雄大な景色を見ながら、朝の残りのフルーツ、非常食にと持っていた機内でもらったスナック類、お水・・・わびしいランチ。
このランチで、また「夜は絶対に“”食うぞぉ~~~!!」って気合いが入った。
e0075693_11232073.jpg
約102マイル、2時間ほど走って、コロラド州コルテスって街で休憩した。
あ~~~、なんかアメリカの街に戻ったって気がする(笑)
Walgreensでビタミン剤を買ってから、4度目の給油。
エアコンを使ってるからか、ガソリンの減りが早く感じる。
ここでは1ガロン:3.69ドルが最安値だったから、満タンにして41.95ドルだった。
スーパーのトイレに入ったりしてから、デュランゴに向けて出発!
約45マイル、50分くらいで、初日と同じSuper 8 Motelに着いた。
街中を走っていると、前を走ってたパトカーが、その前の車を緊急停止させた。
何があったのか全く解らない・・・巻き込まれるのはイヤだから、急いで通り過ぎた。
そして、向かいにあったApplebee'sに入った。
飲み物は、キウイのレモネードストロベリーのレモネード
どっちもレモネードとは言わないのではないだろうか???(爆)
e0075693_11495265.jpg
食事は、迷わずリブアイ・ステーキを注文。
「ステーキソースはいらない」と言い放ち、カバンから醤油ワサビを取り出した(笑)
久しぶりの醤油の味、これが美味しいんだ(T◇T)
でも、何かが足りない・・・そうか、パンがないんだ!!
あれぇ~~~???Applebee'sって、パンなかったっけ???
e0075693_11542461.jpg
翌日の気温を調べると、最高気温は30度と出ていた。
日本を発つとき、デュランゴの気温は20度に満たないくらいだったから、最後の1枚は長袖を用意してたのに、30度で長袖はなぁ~~~。
近くのWal-martに半袖を買いに行き、長い長い5日目も終わった。
[PR]

by hiro428 | 2008-06-07 11:47 | アメリカ/UT
2008年 05月 30日

本当に虹が固まったのかもしれない・・・!?

ボートのスピードがグンと落ちて、岩のすれすれを通ってレインボーブリッジの桟橋に到着した。
10年以上前は、レインボーブリッジが見えるくらいまで行けたんだけど、地球温暖化の影響で!?ロッキー山脈の雪が激減したために水位が下がってしまったらしい。
この桟橋には湖上トイレもあるんだけど、排泄物の処理は誰がどのように???
そんなこんなもボートツアーの料金に含まれてたりしてねぇ~~~。
冷えたボトルの水を受け取って、目的地「レインボーブリッジ」まで20~30分くらいかな・・・頑張るぞ!!
e0075693_17543544.jpg
暑い・・・もし水がなかったら、バタバタと人が倒れてただろう。
半端じゃない日差しを受けて、みんな自分のペースでひたすら歩く(;-_-) =3
あっ!!なんとなく橋っぽいのが見えてきた!!
でも、そこまではグル~~~っと周らなきゃ行けない。
       もう少し、もう少しだ、頑張れ、私!!
e0075693_180895.jpg
おぉ~~~!!生で見ると迫力が違うぜぇ~~~!!
高さは88m、幅84m世界でもっとも大きな自然の橋であるレインボーブリッジは、ナバホの人々にとって神聖なもの。
どれほど神聖なのかというと、この橋を触ることも、くぐることも許されないってくらい。
レインボーブリッジを目の前にすると、「本当に虹が固まったのかもしれない・・・」って思うほど、感動したというか、素晴らしかったんだよね。
e0075693_9543761.jpg
感動に浸っていると、そこでタバコを吸う日本人のおっさんも目にしてしまった!!
この場所が禁煙なのかどうかは知らないけど、携帯灰皿を持ってるからって、どこでもかまわず吸うってどうなのよ( ̄д ̄) 
そのおっさんは、日本人15人くらいの団体ツアーの1人で、他の人達よりもはりきってレインボーブリッジに向かってた。
途中、私達も日本人だとわかって「写真撮りましょうか?」って声かけてきたから、「大丈夫です、ありがとうございます。」って答えたんだけど、そのおっさんがタバコを吸うために他の人よりも先に行ってたんだと思ったらガッカリしたね。
自分がタバコを吸わないからとか、同じ日本人だからとか、イロイロ目に付く、鼻につくってのがあるんだろうけどさぁ~~~(≧ヘ≦)
添乗員や日本語の出来る現地ガイドが到着したときにはすでに吸い終わってて、ツアー仲間のおばちゃん達が「○○さん早いわねぇ~、先に来て下見しといてくれたのぉ~?」なんて言ってるわけ。
写真を撮るのに夢中で足を滑らせて落ちそうになってるおじちゃんもいたし、それが若い子なら「バカだなぁ~」で済むところをみんな自分の両親と同じくらいの年齢だから、なんだろうなぁ~、腹立たしいのかも・・・。
まぁ、“人の振り見て我が振り直せ”ってことだなって、気にしないようにした。
e0075693_9554353.jpg
e0075693_9555713.jpg
同じ道で船まで戻ると、ボトルの水は半分以下になっていた。
汗はほとんどかいてない、蒸発してたってことだよね(笑)
船に乗り込むと、ランチボックスが手渡された。
そうか、それで申し込むときに「ベジタリアンか?」って聞かれたのかぁ~。
インド人が食べてるベジタリアン用のをチラッとみたら、ハムとチーズではなく、レタスとチーズがパンにはさまっていた。
「チーズはいいのかぁ~、へぇ~~~」って思った( ̄ー ̄) 
e0075693_103335.jpg
船内には、冷たい水とレモネード、とってもアメリカ~ンなホットコーヒー(笑)が置いてあって、好きなときにいくらでも飲むことが出来る。
みんな考えることは同じ、帰りは空になったペットボトルにレモネードを入れて飲んでいた。
帰りは、日の入らない船室でみんなお昼寝。
満員の船内はイヤだったから、デッキの日陰をなんとかゲットできたけど、日陰でもバリバリ日に焼けてしまった。
どかちんもいいとこ、ちょっと袖の短いのは着れないくらいだよ。
右の写真はトイレで撮ったもの、とっても開放的だったもんで・・・(笑)↓
e0075693_1012758.jpg
8時~3時半のツアーは、だいたい予定通り3時半過ぎにワーウィープ・マリーナに到着した。
そういえば、同じように見えても「ナチュラルブリッジ」と呼ばれるものと、「アーチ」と呼ばれるものがあるよね。
その違いはなんだ?って調べてみたら、“川や水の流れで侵食されたものがナチュラルブリッジ”で、“雨、風、霜、太陽熱によって出来たものがアーチ”とされているそうだ。
なんとなく、あ~~~って感じかな!?
4時でも日がガンガンさしてるから、もう1ヶ所“大自然の芸術”を見に行ってみることにした。
体を張って撮影したんだけど、写真でわかってもらえるかなぁ~((( T_T)

つづく
[PR]

by hiro428 | 2008-05-30 10:24 | アメリカ/UT
2008年 05月 29日

虹が固まってできたレインボーブリッジ

船が出発するワーウィープ・マリーナレイクパウエルリゾートってホテルがあるのはアリゾナ州だけど、ナバホの人々が“虹が固まってできた”と言ったのが名前の由来となった「レインボーブリッジ」はユタ州にある。
前日、予約の確認をしていたので、当日はツアーカウンターで支払いを済ませて、領収証と黄色い丸がついたプレートを渡された。
料金は124ドルとかなり高めだけど、それに乗らないとレインボーブリッジは見に行けない。
ここまで来て124ドルをけちるわけにはいかないからね!!
でもさぁ~、ボートツアーだからって7ドル燃油サーチャージを別に取るってどうなのさぁ~。
さらにユタ州の税金がついて1人140ドル、前日に払った入場料の15ドルの半分も入れたら、1人147ドルだよ。
ボートの往復6時間+桟橋からレインボーブリッジまでの往復&見学1時間半で7時間半のツアーだけど・・・ん~~、とりあえず行ってみるべぇ~!!
集合場所で説明を受けたら、記念写真を撮って、湖までひたすら徒歩で降りていく。
帰りはこれを上っていくのかと思ったらゾッとした( _ _)
e0075693_10493134.jpg
何艘か停泊してたけど、乗り込んだ船は想像してたより小さかった。
e0075693_1053283.jpg
お隣の船は、1985年に88人の水上スキーヤーを引っ張ったって世界記録を持ってるらしい。
この船が凄いのか、88人が凄いのか・・・88人だよね!?
e0075693_1104728.jpg
船は出港後、ゆっくりとグレンキャニオン・ダムのほうへ向かって進む。
レイクパウエルから見るダムもいいもんだなぁ~。
白っぽくなってる岩の部分は、水位が下がって出てきちゃった部分なのかな???
それはそれできれいだったけど、自然的には問題なんだろうね。
行きは3時間、帰りは風向き等で2時間半くらいだって言ってたけど、帰りはダムとかに寄らないから早いんだろって思った(笑)
e0075693_1181980.jpg
船のデッキ部分は早い者勝ちって感じだけど、「風は冷たいのに日差しがきつい」という厳しい環境だった。
でも、景色を見るには最高だから、ほとんどの人がデッキに上がってた。
e0075693_11133341.jpg
デッキ部分には操縦席があるから、そこより前には行かないようにってロープが張ってある。
下に下りると一番前で撮る事もできるから、そこから動かないおじさんもいた(笑)
一番後ろもまぁそれなりに・・・!?
でも、「こいつは何を撮ってるんだ?」って思われただろうなぁ~(笑)
e0075693_11171122.jpg
この辺りは、映画「猿の惑星」のロケ地にもなったそうだ。
新しいほうのじゃなくて、たぶん古いほうのだと思うんだけどね。
子供の頃、テレビで猿の惑星を見て、なんかもの凄く怖かった記憶はあるんだけど、内容は全く覚えてない。
今度、レンタルして見てみようかなぁ~。
e0075693_11251083.jpg
e0075693_11252665.jpg
3時間も船に乗るなんて、絶対に退屈しちゃうって思ったんだけど、そんなこと全然なかった。
あっちだ、こっちだって説明のたびにキョロキョロしてたから、あっという間だったよ(笑)
そして、そろそろレインボーブリッジのある桟橋に近づいてきたみたい・・・。

つづく
[PR]

by hiro428 | 2008-05-29 11:50 | アメリカ/UT
2008年 05月 25日

フォーコーナーズ

アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州ってカテゴリはあったから、あえて“ユタ州”にしてみた。
4つの州が十字になってるのって、広いアメリカでもこの1ヶ所だけ。
だからなんだ?って気もするけど、それを観光地にしちゃうとこがアメリカだよね(笑)

高速道路ではないけど、街なんてほとんどないから、スピードリミットが65マイル(約104キロ)ってのがほとんどで、デュランゴから86マイルくらい、約1時間40分で「フォーコーナーズ」に到着した。
入り口で人数を聞かれて、1人5ドルを払う。
ここはナバホの土地だから、働いてる人はみんなナバホの人達だった。
e0075693_972185.jpg
ビジターセンターは名ばかりで、中に入ってもこれといったものはなかった。
でも、周りに出てるお土産屋さんは、意外と掘り出し物もあったりして面白かった。
裏表の石が違う十字架のネックレスがかわいかったんだけど、それは25ドルもしたからやめて、10ドルのチョーカーを購入。
何件もお店はあったけど、ビジターセンターの並びにあるお店のほうがアクセサリーは安かったかな。
もしかして・・・州が違うから!?(笑)
お土産屋さんを見て周るだけで、4つの州を渡り歩けちゃうって面白いよねぇ~。
e0075693_913143.jpg
ご丁寧に写真用の台まであった。
その台の上には2人までって書いてあるんだけど、その看板を大きなおばあちゃんとかが隠しちゃってるから、いつ落ちるかドキドキしちゃったよ。
私は階段部分で待ってたよ、だって・・・下敷きにはなりたくないもんねぇ~~~。
e0075693_9193951.jpg
まずは、誰もいないバージョンでパチリッ。
この後、4つの州に両手両足をついて記念写真を撮った。
それがやりたいがために、わざわざ行ったんだからね!!
e0075693_9213261.jpg
順番待ちしないといけないときもあれば、潮が引いたように誰もいなくなっちゃうこともあって、これしかないからってこともあるんだけど、撮影はユックリ出来た。
そうそう行くとこでもないからね、これでもか!ってくらい撮りまくってきたよ(笑)
e0075693_9234043.jpg
観光して、買い物して、トイレにも入って、もうこれで大満足!!
次は77マイルくらい、約1時間20分ほど西に走って「カイエンタ」って街でランチの予定。
フォーコーナーズで思ったよりも時間を使ったから、ランチにちょうどいい時間になった。
さて、お目当てのランチは・・・。

つづく
[PR]

by hiro428 | 2008-05-25 09:47 | アメリカ/UT