ヒマでも食べる

damenichi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:'09 中欧5カ国( 24 )


2009年 12月 30日

良いお年を!!

ついに「中欧5カ国」ネタも終了。
はぁ~~~、年内に終わって良かったぁ~~~(≧∀≦)
最後はいつものように!?買ってきたもので〆とかないと、自分で買ってきたものも忘れちゃうのよね。
食材をチェックしてると「コレってどこのだっけ?」ってのがたくさん出てくるの。
すぐに使えばいいんだけど、帰ってきたばっかりのときは和食だったり、アジア系のが食べたくなるじゃん。
で、突然、謎の言葉が書かれてる調味料が出てきたりとかするわけ(笑)
それでも海外に行けばスーパーに行きたくなるし、スーパーに行けば買いたくなっちゃう。
誰も私を止められない・・・(_´Д`)
オーストリアとドイツのスーパーで買った調味料たちはこんな感じ。
e0075693_22445273.jpg
お菓子はあんまり食べないんだけど、ついつい欲しくなって買っちゃうのよね。
e0075693_22485251.jpg
去年は2粒しか買えなかったモーツァルトチョコ(笑)
今年はユーロがちょっと安かったからさ、大盤振る舞いだよ((ヾ(≧∇≦)〃))
自分ち用、タイのピーチャイ&ピーサオ用、Sじい&Fちゃん用の3袋も買っちゃった!!
1袋9粒入りだから、ピーチャイに「2人でケンカしないように食べてね」って言ったら、「1粒だけ先に食べといて、8粒入りだから4粒ずつって説明する」って、どこまでも小さく汚いことを言ってたぜ、あんにゃろ~よぉ~((゜Д゜;;)))
e0075693_2304645.jpg
そして、ドイツといったらバームクーヘン!!
日本の超高級な某バームクーヘン専門店と何がどう違うのか・・・。
超高級なのを食べたことがないから、比較できないことが悲しいil||li(*'I')il||li
これはマイセンの激安スーパーで買ったものだけど、ちゃ~んと美味しかったよ。
e0075693_2361514.jpg
1つくらいお土産らしいものを!と思って、KaDeWeの紅茶を買ってみた。
缶ならさ、中身を飲み終わっちゃった後も別の紅茶を入れたりできるしね(笑)
e0075693_2382263.jpg
クリスマスマーケットの記念には、グリューワインアイヤープンシュを飲んだ後のカップ。
1つはウィーンの、もう1つはベルリンのもの。
ちなみに、ベルリンってって意味なんだってさ。
e0075693_23131756.jpg
ブーツのカップは白でも良かったかも・・・。
紺がかわいく見えたんだけど、どっち紺だったのよねぇ~。
e0075693_23161196.jpg
唯一、クリスマスらしいものはこれだけ。
99セントのちーーーっちゃいリース(爆)
母はもっとイロイロ買ってくると思ってたらしいのね。
そしたら、これ1個だけじゃん。
かなり不満げだったよぉ~~~(○`ε´○)
e0075693_2325519.jpg
ベルリンの日本人相手のお土産屋さんで買ったツヴィリングの爪やすり
6ユーロくらいで買ったんだけど・・・日本では500円で買えるらしい(,○*,-_-)
欲しい!と思ったときに買うのがいいのよね、うんうん、そうよね!!
このマークのものをずっと“ゾーリンゲン”とか“ヘンケルス”って呼んでたけど、ゾーリンゲンは“ツヴィリング J.A. ヘンケルス”の本社があるドイツの街の名前で、この会社には2つのブランドがあって、1人のマークが“ヘンケルス”、双子のマークが“ツヴィリング”なんだって。
だから、私が買ったのはゾーリンゲンでもヘンケルスでもなかったわけ(爆)
これね、本当に本当に良かったよ、かなりオススメ!!
e0075693_23404165.jpg
というわけで、これでやっとおしまい。
長々とお付き合い、ありがとうございました!!
e0075693_23425141.jpg
今年も明日で終わりか・・・。
1年あっという間だったなぁ~~~。
来年もこんな感じで、きっと1年がとっとと過ぎていくんだろうなぁ~~~。
4ヵ月後にはまた1つ年を取っちゃうし・・・(-_-;)
あ~~~、もう、どうしたらいい!?(爆)
まっ、とりあえず楽しく過ごせればいっか。

それでは、来年もよろしくお願いします。
皆様、良いお年をヽ(。ゝω・)ノ
[PR]

by hiro428 | 2009-12-30 09:56 | '09 中欧5カ国
2009年 12月 29日

5ヵ国目ドイツ/ベルリン④

老舗デパートKaDeWeからすぐのところにカイザーヴェルヘルム記念教会っていう古い教会がある。
第二次大戦のときの銃弾とか爆撃のあとをそのままの状態で残してあるの。
奥に見えるのが新教会で、下にはクリスマスマーケットが開かれてた。
e0075693_20161871.jpg
こんなに大きい建物が、こんな状態なのに残ってるって凄いよね。
地震がない場所だからとも言うけど・・・!?
e0075693_201812100.jpg
廃墟のような見た目なのに、ちゃんと街にとけこんでる感じがステキ。
そこがヨーロッパの成せる業!?
なんか、ここだけ見てると、自分が違う時代に行っちゃったような感覚になるのよね( ̄~ ̄)
e0075693_20214954.jpg
クリスマスマーケットを見て歩いてたら、いかにもイスラム教徒です!って女性2人が「英語話せる?」って声をかけてきた。
どうせ、ろくな話じゃないと思ったからシカトしたんだけど、あれってなんなんだろう?
私たちがものすっごくイヤ~な顔して見たら、向こうにも同じ顔された(爆)
いろんな人に声をかけて、みんなにシッシッてやられて、それでもまた声をかけまくる。
あれはどんな仕事なんだろう???気になるぅ~~~!!
e0075693_20285743.jpg
グリューワインは飲んだから、今度は別のが飲みたいと思って見つけたのがコレ!!
謎の黄色い液体(爆)
見た目からは味の想像ができなかったから、何が入ってるのか聞くだけ聞いてみた。
だって、アルコールなのかどうかもわかんないしねぇ~。
で、カップもブーツ型でかわいかったし、とりあえず気になったものは口に入れないと!!
e0075693_20381886.jpg
謎の液体の正体はアイヤープンシュっていって、白ワイン、卵のリキュール、砂糖、その他イロイロ入った“ドイツの卵酒”みたいなもんだった。
それだけでも激甘だけど、さらにホイップものせてくれちゃうの!!
嬉しいような、悲しいような、でも美味しかったよ!
e0075693_20404270.jpg
そうそう、プレッツェルも食べないとね!
美味しいんだけど・・・岩塩つき過ぎだって(T-T)
岩塩をポロポロ地面に落としながら食べたけど、それでもしょっぱかったなぁ~。
アメリカで食べたときは、こんなに岩塩ついてなかったと思うんだけど・・・。
ちなみに、プレッツェルにマスタードをつけて食べると美味しいってのはアメリカで知ったんだ(^ー^)
e0075693_20441973.jpg
さぁ、ココは何のお店でしょう???
1種類だけで勝負してるお店だった!!
そういうのを“専門店”って言うのよね(^m^)
e0075693_20455530.jpg
正解は・・・マッシュルーム!!
山盛りのマッシュルームなんて初めて見たよ(笑)
e0075693_2047085.jpg
ソースは2種類あって、どっちもわかんないから前の人の真似をしてみた。
マッシュルームの煮込みとでも言うべきか・・・!?
なんかねぇ~~~、間違いない!!って美味しさだったのよ!!
e0075693_2050389.jpg
これはまた食べたいね。
クリスマスマーケット最高!!
そういえば、ポツダムのオプショナルツアーに参加した何人かの人に「どうでした?」って聞いたら、「クリスマスマーケットがあってね、みんなでイロイロ食べて、すごく良かった」って・・・。
誰もポツダムについての感想は言ってなくて、「マッシュルームも食べた」って嬉しそうに話してたんだよなぁ~(笑)
だったら、60ユーロも出してポツダムまで行かなくても良かったんじゃないの!?(爆)
e0075693_20553889.jpg
カウンターに置いてあるパンはサービスらしい。
ソースをつけて食べたら、これまた美味しくてね。
2個目に手が伸びそうになっちゃったよ。
e0075693_20572096.jpg
あっ、そういえば、写真を1枚も撮ってなかったような気もするけど、ペルガモン博物館ってことにも行ったのよね。
ペルガモンの大祭壇」とか、「バビロニアのイシュタール門」とか、とにかく巨大な展示物ばっかりで、何を見たらいいのか見当もつかないって感じだった。
室内に展示してるあのが不思議なくらいの大きさだから、当然、博物館自体も迷子になるほど広くてさぁ~。
出口がわかんなくて、あっち行ったりこっち行ったりして、最終的には係員に聞いちゃったよ(笑)
館内が自由行動になってるのはかまわないんだけど、時間が決まってるから見どころをちゃんと教えて欲しいよね。
ドレスデンのガイドも酷かったが、ベルリンのガイドはもっと酷かった。
ってことは、ドイツのガイドって仕事自体に問題があるのか???
せっかくのガイドつきの旅なんだから、良いガイドに当たりたいもんだよねぇ~。
[PR]

by hiro428 | 2009-12-29 15:44 | '09 中欧5カ国
2009年 12月 28日

5ヵ国目ドイツ/ベルリン③

夕方5時半の飛行機なのに、その日のスケジュールは何もなし。
ってことは、それまでは自由行動ってことじゃん。
私とノン智は「自由行動バンザイ!」って思ったけど、他の人は違うわけ。
で、急遽、添乗員さんが現地のJT○に連絡してポツダムに行くオプショナルツアーを作ったの。
20人中14人がそれに参加するってことで、1人59ユーロって言ってたかなぁ~。
私たちは夜のうちに街に出る方法を聞いたりして、翌朝、バスに荷物を預けてから路線バスでお出かけ。
ホテルで教えられたバス停には私たちが乗るバスの番号がなくて、そこでバスを待ってるおじさんに聞いてみたの。
すごく優しくて親切な人で、霧雨が降る中、バス停まで案内してくれたの(;_;)
ドイツ語圏の人って、やっぱり好きだ!!
同じツアーの3人の女性が「一緒に行っていい?」って聞いてきたから、街中まで一緒に行って「ここに3時って言ってましたから」って集合場所まで連れてった。
そこで解散のつもりだったんだけど、私たちが「スーパーに行く」って言ったら、スーパーまでついてきた(^m^)
オプショナルツアーに行った人たちとの集合場所は、創業100年以上のデパートKaDeWe(カーデーベー)。
アメリカのデパートをモデルに最新鋭の設備と高級志向の商品を揃え、ベルリンを代表するデパートになったんだけど、ナチスに買収されたり、東西分断時代は陸の孤島だった西ベルリンの象徴になったりと、100年でイロイロあったみたいよぉ~(笑)
e0075693_19312915.jpg
入り口を1歩入ると、クリスマス一色!!
e0075693_19335761.jpg
今年のクリスマスは終わっちゃったけど・・・。
e0075693_19342581.jpg
気持ち的にはもうお正月だけど・・・。
やっぱ、かわいいものはかわいい!!
e0075693_19351114.jpg
最上階にはフードコートがあった。
食べることはないだろうけど、見るだけタダ~~~(爆)
e0075693_19371081.jpg
フードコートも高級だった!!
1個ずつのパンはともかく、自分でカットするパンは重さで値段が決まるのかな???
バターとかはどうなんだろう???
サービスってことはないよなぁ~~~。
e0075693_19425575.jpg
デザートも美味しそうだったよ。
なんだろう、キラキラしてる感じだった(笑)
e0075693_19433592.jpg
お昼時にしては空いてるよね。
お昼の時間がスペインみたいに日本とは違うのかな???
e0075693_1945477.jpg
デパートのトイレといえども有料だから、近くのホテルでトイレを済ませた、もちろん無料(爆)
で、グリューワインを飲みながら、ソーセージを食べることに・・・。
注文方法がわかんないから、こんな時は指差しが基本よね!
e0075693_195197.jpg
注文しようとしたら、このおばーちゃんてばさ、「自分が食べてるとこだから待て」って言うのよ。
「ソーセージをカットして」って言ったら凄い嫌な顔でナイフ渡されるし、「ゴミは横のゴミ箱に捨てろ」って言うし・・・。
どこまでも殿様商売、ここだけ旧東ドイツを感じられる場所だったね(爆)
e0075693_19544233.jpg
やっぱりドイツのソーセージって何か違う!!
こんなおばーちゃんが売ってても美味い!!
グリューワインも美味しかったけど、カップはかわいくなかったら返した。
カレーパウダーをふりかけたソーセージがオススメらしいけど、日本人としてはソーセージにはカレーパウダーよりマスタードって感じじゃない?
その時はそう思ったけど、今となっては食べとけば・・・って思う。
カレーパウダーのソーセージと甘いグリューワインかぁ~~~、ん~~~(^~^)
e0075693_2031475.jpg
予想通り!?週末はやっぱりユックリできなかった(-_-)
冷凍庫の食材をチェックして、1.5kgもあった栗を甘露煮にしたり、刺身用だったワラサをソフトふりかけにしたり、その合間に昼御飯と晩御飯の用意もしたりしてさ。
それ以外にも、お正月飾りを買いに行って、玄関の掃除をして・・・とか。
お風呂掃除のときに滑って膝の内側にあざができたり、体中が筋肉痛だったりするけど、次から次へとやることが出てくるのよね。
もっと早くからやればって毎年思うけど、1週間くらい前になって、気持ち的に追い詰められないとやれないというか・・・。
これが年末気分でいいのかもねぇ~~~!?
[PR]

by hiro428 | 2009-12-28 19:41 | '09 中欧5カ国
2009年 12月 27日

5ヵ国目ドイツ/ベルリン②

東ドイツ政府が建設し、1961~1989年の28年間存在したベルリンの壁
e0075693_1853118.jpg
第二次世界大戦後、ベルリン全域が旧東ドイツ領だったんだけど、ドイツの東西分断とは別にベルリンも東西に分断されて、分断されたベルリンの東側部分が“旧東ドイツ領”、西側部分が米・英・仏の“連合軍管理区域”になったんだって。
だから、西ベルリンは旧東ドイツ領の中にポツンとあるようなもんで、ベルリンの壁ってのは真っ直ぐな壁じゃなくて、西ベルリンの周囲をグルッと囲んだ壁だったんだそうだ。
e0075693_19172992.jpg
元々、東西ベルリン間には道路も地下鉄も電車も普通にあって、当たり前のように自由に通行できて、東に住んで西に出勤とか、その逆ってのもあったらしい。
でも、毎年、東ドイツ国民が数万~数十万人レベルで西ベルリン経由で西ドイツに流出しちゃったから、それをくいとめる為に壁を作ったそうだ。
e0075693_1918792.jpg
ベルリンの壁って、ある日突然できちゃったみたいだね。
1961年8月13日0時に東西ベルリン間の道をすべて閉鎖して、有刺鉄線の“最初の壁”の建設を開始。
朝6時くらいには東西間の通行が出来なくなって、13時くらいには有刺鉄線の壁がほぼ完成。
さらに2日後には石造りの壁も建設され始めたそうだ。
二重になってる壁と壁の間は数十メートルの無人地帯になってて、そこは東ドイツ当局が監視してたから、壁を越えて西ベルリンに行こうとするのが見つかったら射殺されちゃったんだって。
死亡者数は合計192名、本当に命がけだったんだねぇ~(T△T)
いろんな方法で、なんとか無事に壁を超えて西ベルリンに到達した東ドイツ国民は5000人を超えるらしい。
e0075693_19185275.jpg
1989年、東ヨーロッパ諸国が相次いで民主化され、5月にはハンガリーがオーストリアとの国境を開放。
「ハンガリー・オーストリア経由で西ドイツへ亡命しよう」って考えた東ドイツ国民が、ハンガリーに行く許可を取って“夏期休暇”という名目でハンガリーまで行ったんだけど、ハンガリーからオーストリアの通行を許可されたのはハンガリーのパスポートを持った人達だけだったんだって。
で、「強引にでも彼らを越境させちゃおう!」っていう“ピクニック事件”が起きたわけ。
1989年8月19日、オーストリアとの国境のハンガリー領ショプロンで「ヨーロッパの将来を考える集会」って政治集会が開かれた。
あくまでも名目だったんだけどね(笑)
「その集会に行けば西ドイツへ亡命できるかも」って情報を耳にした1000人の参加者は、この運動を支援していた元オーストリア・ハンガリー帝国王室の当主、欧州議員オットー・フォン・ハプスブルクの代理人って名乗る人の挨拶が終わる前に国境超えを開始。
わからないように協力してたハンガリーの内務省は、国境のゲートの1つを開放して、国境警備隊には事態の黙認と武装の禁止を命じてたんだって。
警備隊の中には、黙認するどころか、親と手が離れて転んじゃった子供を抱き上げる人もいたらしい( ;∀;)
e0075693_19193688.jpg
「越境に成功!!」ってニュースが広まって、11月6日、東ドイツ政府は人材の流出を防ぐために“海外旅行自由化法”を発表。
でも制限がついた法案だったから国民の反発を受けて、11月9日、議会の承認を経ずに済む“旅行自由化の政令案”を作成、報道への発表は翌朝の予定だったんだけど・・・。
なぜか当日中に東ドイツ政府スポークスマンのギュンター・シャボウスキーが生放送で記者会見をしちゃって、しかも国境警備隊に連絡する前だったから、ベルリンの壁周辺の検問所に集まった東ベルリン市民を国境警備隊が“暴動”って勘違いして検問所のゲートを開いちゃったんだって(笑)
そもそも、その会見自体も「東ドイツ国民はベルリンの壁を含めて、すべての国境通過点から出国が認められる」って言い間違えちゃったんだけどね( ̄m ̄)
実際の旅行自由化の政令は「ビザの発給を大幅に緩和する法律であり、越境にはあくまで正規のビザが必要」ってものだったらしい。
というわけで、ベルリンの壁崩壊は今から20年前の「1989年11月9日」ってことになってるけど、実際には11月10日の未明に興奮した東西のベルリン市民によって一部が破壊されて、あとは東ドイツが撤去したんだってさ。
今でも一部は記念碑として残されてるけどね。
e0075693_1955484.jpg
ナチスに大量虐殺されたユダヤ人犠牲者を慰霊するホロコースト記念碑ってのを車窓から見たけど、ぜひ降りてジックリ見てみたかったんだよねぇ~。
あとは何の説明かもわかんないまま、ベルリン観光は終了。
本当にひっっっどい現地ガイドだった(-_-)
で、ホテルに到着したら、これまた酷い場所でさぁ~~~。
ベルリンには3つの空港があるんだけど、利用する空港じゃない空港の近くのホテルだったの。
ありえな~~~い!!って感じ。
夕食までちょっと時間があったから、近くに何かないかなってフラフラしてみた。
でも、並びにガソリンスタンドとマックがあったくらいかなぁ~。
結局、部屋で時間を潰して、ホテルのレストランへ。
やっぱり飲まなきゃいられないよね!?って、ビールを注文!!(爆)
e0075693_21463879.jpg
前菜はカプレーゼのバジルなしバージョンみたいなのだった。
バルサミコでもなかったような・・・。
でも、サッパリして美味しかった。
e0075693_21491810.jpg
メインは魚のフライ
白身だったか、鮭だったか、ちょっと記憶が・・・。
スケジュールには「夕食:魚料理」としか書いてなかったから、どんなのが出てくるか不安だったのよね。
普通に美味しくて良かった(^。^)
e0075693_21535655.jpg
デザートは、北ドイツの名物というベリーのコンポートにバニラソースをかけたもの
量も多かったし、甘くて食べ切れなかったのね。
ほとんどの人が残してたから、片付けてくれた足の長~~~いお姉さんに「美味しくなかった?」って悲しそうな顔で聞かれた。
「美味しかったけど、お腹いっぱいだから」って答えたけど、ちょっと日本人にはきついかもねぇ~。
e0075693_221762.jpg
夕食の後もヒマでさぁ~~~。
街の中心地まではタクシーでも30分はかかるようなところだから、シャワーを浴びて、テレビでも見るしかないわけよ。
私がシャワーを浴びてたら、なぜかタイ語が聞こえてきた。
“ドイツ人がタイへ旅行に行った”的な番組でもやってるのかな?って思ったら、なんとタイ語放送のチャンネルだったの!!
それだけタイ人がいるってことだよね。
っていうか、チャンネルをかえてて、タイ語に気付いたノン智も凄いと思う(笑)
寝るまでタイ語放送を見続けた。
私の同時通訳つきで・・・(。゜З゜):゙;`;:゙;`;
まんざら間違いではなかったと思うんだけど、残念ながらノン智の信用は得られなかった(爆)
[PR]

by hiro428 | 2009-12-27 14:52 | '09 中欧5カ国
2009年 12月 26日

5ヵ国目ドイツ/ベルリン①

9時にホテルを出発、バスで約184km走って最後の街ベルリンへ!!
午前中は移動だけ・・・。
12時前にはランチのレストランに到着。
あ~~~、朝ごはんを控えめにすればよかった(笑)
でも、もちろんビールは飲んじゃうよ!!
e0075693_23193100.jpg
スープは初のクリーム系だった。
e0075693_23215329.jpg
具は小さいマッシュルームのみ。
シンプルだけど、こういうのが美味しかったりするんだよね。
e0075693_2323169.jpg
メインはベルリンの郷土料理クロプセっていうミートボール。
ケッパーが入った、ちょっと酸味のある白いソースがなかなか美味しかった。
でも、グリンピースは残しちゃった(笑)
e0075693_23265578.jpg
デザートは、これまた初のアイスクリーム!!
午前中のトイレ休憩のときに、ノン智が「アイス食べたいな」って言ったの。
でも・・・私・・・アイス食べるとお腹壊すのよね(>_<)
「半分なら大丈夫」って言ったんだけど、やっぱりそのときは食べなかった。
だってぇ~~~、やっぱぁ~~~、心配じゃん!
で、これも少々不安があったんだけど、クリームのほうが多いくらいだったから問題なし!
あ~良かった(^・^)
e0075693_23322253.jpg
ランチの後、ベルリンのガイドが合流。
バスで街中を走って「ここからが西ベルリンです」とか「もう東ベルリンです」とか言われても、どうにもピンとこない。
ベルリンの壁が崩壊して20年だけど、それから凄いスピードで統合されてったんだろうねぇ~。
で、もっともっと大昔、ベルリンは城砦都市だったんだって。
18ヵ所あった門の内、今でも残ってるのは、高さ26m、幅65.5m、奥行き11mのブランデンブルク門だけ。
ベルリンが東西に分断されてたときは、ここが東ベルリンの西端の行き止まりだったから、門の下は通行できなかったんだってさ。
e0075693_2054782.jpg
ブランデンブルク門は、フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の命によって、3年かけて1791年8月6日に完成。
門の上にのっかってるのは“四頭立ての馬車(クアドリガ)に乗った勝利の女神ヴィクトリアの像”。
完成直後、ベルリンがナポレオンに征服されて、ヴィクトリア像はフランスに戦利品として持ってかれちゃったんだって。
でも、ナポレオン戦争でプロイセン軍がパリを占領したときに、再びヴィクトリア像はベルリンへ。
勝利を記念して、ヴィクトリアの持ってる杖には“鉄十字紋章”が取り付けられたそうだ。
これまた二転三転するんだけど・・・。
第二次世界大戦後、この場所は東ベルリンだったから、社会主義国らしくなるように!?“鉄十字紋章”は平和の象徴である“オリーブの枝”に変えられて、それがベルリンの壁が崩壊して、再び“鉄十字紋章”に戻ったんだってさ。
門の前にはパフォーマーがたくさんいて、この緑の人達・・・っていうか1人だけど(笑)、もう1人は動かないなぁ~って思ったら、相方は人形だった!!
e0075693_20284847.jpg
ブランデンブルク門があるパリ広場は、元々はカレ広場って名前だったんだって。
ナポレオン戦争の戦勝と凱旋のシンボルとして改名されたそうだ。
こっちのパフォーマーが持ってるのは、アメリカの国旗と・・・中国???
パリ広場にはアメリカ大使館とかフランス大使館があるんだけど、中国って何だ???
e0075693_20441028.jpg
中に入るわけでもなく、バスを降りて写真を撮るだけだったフランス大聖堂
このときの現地ガイドの一言にむかついたことだけはよく覚えてんだよなぁ~~~(笑)
フランス大聖堂の横にバスが停まったんだけど、みんなが降りきる前にガイドだけ先に歩いて行っちゃったのね。
で、誰もついて来てないことに気付いたのか、バスの前まで戻ってきて一言「みなさん正面で撮らなくていいんですか?」だって!!
はぁ???何ふざけたこと言ってんの???
その前からドレスデンのガイドより酷いなぁ~とは思ってたけど、本当に最悪だったね。
最後の最後で外したって感じかな。
e0075693_2054786.jpg
フランス大聖堂の向かいには同じ形のドイツ大聖堂があるんだけど、もしかして逆だったりして!?(爆)
ジャンダルメンマルクトって広場には、ベルリン最大のクリスマスマーケットが開かれるんだって。
翌週からオープンってことで見れなかったけど、ここは1ユーロくらい入場料を取るそうだ。
1ユーロくらいなら・・・ベルリン最大だし・・・見たかったなぁ~~~。
e0075693_2163744.jpg
今日はクリスマスの後片付けをした。
今度は、お正月飾りをしなくちゃいけないからねぇ~。
家の中も一気に寂しく、いやサッパリしたかな、ん???そうでもないかも・・・(笑)
はぁ~~~、お正月まで1週間を切っちゃったんだよね。
今、一番心配なことは、海外宛てに送った年賀状が年内に届いちゃうこと。
「今年もよろしくお願いします」ってのが大晦日にでも届いちゃったらって思うと、もう不安で不安で・・・(-_-;)
[PR]

by hiro428 | 2009-12-26 12:25 | '09 中欧5カ国
2009年 12月 24日

5ヵ国目ドイツ/ドレスデン③

イタリアのパネトーネみたいに、ドイツにもシュトーレンってパンがあるの。
クリスマスの4週間前から“イエス・キリストの生誕の日が近づいてくる”ってことをお祝いして、毎週末ささやかなパーティーをして、そのときに薄くスライスして食べるんだって。
でね、正統なレシピのシュトーレンを試食できるって言うから、人生で初めて食べてみた!!
ん~~~、パサパサしてて・・・美味しいのかな???
みなさん、ここぞとばかりにガンガン買ってたけど、別にスーパーのでもいいんじゃないの!?(爆)
e0075693_2213874.jpg
私とノン智は相変わらず高級品には興味を示さず、別の試食を求めてフラフラ・・・(笑)
別のも美味しいとは思えず、試食は諦めた(-_-)
そして、クリスマスピラミッドのきれいな向かいのお店へ。
e0075693_22154997.jpg
かーーーわーーーいーーーいーーー!!
e0075693_22181168.jpg
表に出たら、もう外は真っ暗だった。
ドレスデンはこれでおしまい。
3時間弱のなんだかバタバタした観光だったなぁ~。
e0075693_22184824.jpg
夕飯はちょっとお洒落なレストラン。
二人席で超ムーディー(*´・ω・)人(・ω・`*)
e0075693_22243950.jpg
ここでももちろんビールを注文!!
もう飲まずにはいられないね( ̄ー ̄)
e0075693_22254997.jpg
サラダはブルーチーズが入ってて美味しかった。
パンは給食を思い出すような食パン(笑)
焼いてない食パンって苦手なんだよなぁ~~~。
でも、メインはロールキャベツだから、ソースをつけて食べたいなぁ~と思って取っといた。
e0075693_22285313.jpg
でっっっかいロールキャベツ登場!!
ソースは想像してたのと違ってたから、食パンは食べず仕舞い・・・。
e0075693_22301479.jpg
ロールキャベツを切ってみた。
あれ???スカスカじゃない???(笑)
もっと肉々しいのを期待してたからさ、細ひきミンチが物足りなく感じだよ。
e0075693_22344374.jpg
デザートはウィーンでも食べたアプフェル・シュトゥルーデルだった。
あ~~~、カフェ・ザッハーで食べなきゃよかったぁ~~~(T-T)
でも、これはこれで美味しかったから、まっいいか(^▽^)
e0075693_22394144.jpg
昨日、ノン智がご飯を食べに来たの。
でね、10時前に帰ったんだけど、洗い物してたら電話が鳴ってさ。
何かあったのかな?と思って「どうしたの?」って聞いたら、「大変!カバン忘れた!!」だって(|il! ̄Д ̄)
ノン智が座ってたイスの横に置いてけぼりのカバンを発見!
洗い物もそのままに、上着を着て急いで三茶方面に自転車を走らせたΣΣΣ≡┏(*´・Д・)┛
すれ違ってたら困るから途中でメールを入れると、ノン智も汗だくでうちに向かって歩いてきてた。
無事にカバンの受け渡し成功!!
お風呂から出てきた母が「どこに行ってたの?」ってビックリしてた(笑)
それにしても・・・なぜにカバン!?(爆)
今度は大晦日にご飯を食べに来るって言ってたけど、カバンを持ってるのを確認して帰さなきゃね!(^m^)
[PR]

by hiro428 | 2009-12-24 23:00 | '09 中欧5カ国
2009年 12月 22日

5ヵ国目ドイツ/ドレスデン②

まだオープンしてないということで、遠くから見るだけだったクリスマスマーケット
大きなクリスマスピラミッドが周ってるとこも見たかったなぁ~。
e0075693_2145360.jpg
旧東ドイツの信号機には“アンペルマン”っていう小さな男の子のマークが使われてて、東西ドイツの統合のときに西ドイツと同じ大人のマークを使った信号機が使われることになったそうだ。
でも、このかわいいデザインに親しんでた市民が「アンペルマンを救え!!」っていう運動を起こして、今でもアンペルマンのマークは旧東ドイツで使われてるんだって。
ちなみに、アンペルマンの三つ編みの女の子バージョン“アンペルフロイ”ってのもあって、それは東西ドイツ統一後の2004年に登場したらしい。
e0075693_21151414.jpg
路面電車にひかれないように注意しながら撮ったのは「ツビンガー宮殿」。
1732年にフリードリヒ=アウグスト1世の命により建造されたバロック様式の宮殿で、宮殿内には美術館とか博物館もあるの。
e0075693_2120559.jpg
路面電車と車にだけ気を取られてると、自転車とか乳母車にひかれちゃうこともあるので注意!?(爆)
ってことで、キョロキョロしながら道を渡ってツビンガー宮殿の中へ。
e0075693_21242083.jpg
左手には、金色の王冠を戴く王冠門「クローネントーア」。
これは見栄のためだけに作られたとか言ってたよ(笑)
e0075693_21313412.jpg
歩いてきた中庭を振り返ってみたら、こっちも素晴らしい門だったのねぇ~~~。
e0075693_21322259.jpg
ツビンガー宮殿の中にある「アルテマイスター絵画館」では、これまた凄い画家の絵が見れるのよ。
左のはフェルメールの「窓辺で手紙を読む女」、真ん中はラファエロの「システィーナのマドンナ」、そして右のは「システィーナのマドンナ」の足元に描かれてる天使達
この天使達だけでグッズになってたりするから、まさかこんな描かれ方だったとは知らなかったよ(^m^)
他にもルーベンスとかレンブラントの絵もあったけど、ガイドが説明しながら案内してくるわけじゃなかったから、探しながら見るのは大変だった。
あ~、ウィーンのガイドさんは本当に素晴らしかったなぁ~~~( ̄- ̄)
e0075693_2145752.jpg
旧東ドイツ時代にはドレスデン国立歌劇場だった「ザクセン州立歌劇場」の愛称はゼンパー・オーパー
設計者ゴットフリート・ゼンパーの名前から取ったそうだ。
ここもドレスデン大空襲で破壊されちゃって、1952~56年に外観だけが修復され、1970年代にようやく内部も修復されることになって、1985年2月13日、ドレスデン大爆撃からぴったり40年後の夜にオペラ座として蘇ったんだって!!
e0075693_215639.jpg
ゼンパー・オーパーの前にある騎馬像は、この劇場を発注したザクセン王ヨハン
e0075693_228279.jpg
シュタルホーフ(武芸競技場)の外壁には、「君主の行列」って言う壮大な壁画が描かれてる。
1907年に作られたものなんだけど、これは壁だから上からは見えないじゃん。
だから空爆されずに済んだんだってぇ~~~!! 
101m の壁には、ザクセン代々の選帝侯や国王35人とか芸術家が総勢93名も描かれてるらしい。
マイセン辺境伯コンラート1世がスタートだったかな???
e0075693_22241138.jpg
ザクセン王国史上、最も有名な王はアウグスト強王とも呼ばれるアウグスト二世
最後のアウグスト三世だけが描かれなかったから、このアウグスト二世がラスト。
e0075693_2244060.jpg
この101mもある壁画、マイセン磁器のタイルをなんと25000枚も使用してるそうだ!!
それが残ってるなんて凄いよねぇ~。
e0075693_22471832.jpg
今日は朝からコピー機が使えなくてさぁ~~~。
紙が入っていかないって、コピー機としてどうなのよ!!
修理の電話をしたら、「今日は修理が他に5件入ってるので、もしかしたら今日中には行けないかも・・・」って言われてね。
「じゃぁ~、外でコピーしてくるしかないですねぇ~」って言ったら、2時間後くらいに来てくれた。
いつも来てくれる、ちょっと変わった人なんだけど、本当に助かったわぁ~~~(^-^)
必要なときに使えないって、一番困るもんね!!
あっ、そういえば・・・エアコンの修理は来なかったな。
使えたり使えなかったりする、気分やさん的なエアコンが1台あってさ。
それが使えないからって年が越せないわけじゃないからいいんだけど、来れないなら「今日は行けない」って電話の1本もくれればいいのになぁ~って思った。
それって普通だよね???
ん~~~、こりゃまた社長直々に電話しないといかんな!?(爆)
[PR]

by hiro428 | 2009-12-22 23:12 | '09 中欧5カ国
2009年 12月 21日

5ヵ国目ドイツ/ドレスデン①

ドレスデンに着いたのは、もう3時過ぎ。
この写真の場所、名前も何もわかんない・・・最初に案内されたんだけどなぁ~。
今までのガイドさんと違って、ドレスデンのガイドは酷くてねぇ~。
自分が見えてる場所の説明をするから、隣にでもいなきゃ何のことなのか全くわかんないって感じ。
みんなにわかるようにってのが当たり前だと思ってたけど、説明すれば終わりって人もいて、現地ガイドもイロイロなんだなって思った。
e0075693_1841238.jpg
左の写真もわかんないんだけど・・・右のはザクセン州最大の教会「ホーフ教会」!!
名前のわかる建物があるのことが嬉しい(笑)
e0075693_18595229.jpg
ホーフ教会の右奥に見えるのは「ゼンパー歌劇場」。
e0075693_1905490.jpg
さらに右にカメラを向けると、ここにも路面電車が!
このままグルッと周ってみよう(笑)
e0075693_1915569.jpg
もっと右にカメラを向けると、エルベ川で一番古い橋「アウグスト橋」がかかってた。
e0075693_1944618.jpg
そして、エルベ川の対岸には観覧車と、青い屋根の建物は「ザクセン州財務省」。
e0075693_19184259.jpg
ザクセン州財務省の右隣の赤い屋根の建物は「ザクセン州首相府」。
e0075693_19212670.jpg
はい、これで1週。
すぐ右にある塀には砲弾のあとが・・・。
ここからまた歩いて、奥のほうに見える「フラウエン教会」へ。
e0075693_20142316.jpg
観光用馬車の馬はご機嫌斜めらしく、石畳をガンガン蹴りまくってた。
きっと、いつもいる場所だろうからさ、あそこだけ石が磨り減ってると思うよぉ~。
e0075693_20203890.jpg
1726~1743年に建設された「フラウエン教会」は、砲弾ごときじゃ壊れない“破壊不可能な教会”って言われてたんだけど、1945年2月13~14日の“ドレスデン大空襲”で破壊されちゃったの。
でも、その2日間の空爆で崩れちゃったわけじゃなくて、割れた窓ガラスから炎が流れ込んで内部に熱がこもっちゃって、その熱で建物自体が重さ12,000トンもある丸天井を支えきれなくなって崩れちゃったそうだ。
残った部分は、馬の前に見えるほんの一部の石壁のみ、これはモニュメントとして残されてるんだってさ。
社会主義時代には、教会の瓦礫の山はそのまま放置されてたんだけど、1994年に修復されることになって11年かけて2005年にやっと完成したの。
なんでそんなにかかったかっていうと、瓦礫の欠片一つ一つをもとの場所に組み込む“世界最大のジグゾーパズル”と呼ばれる大復旧作業だったから!!(@。@)
だから壁の色が混ざってるんだねぇ~~~。
そう考えると、たった11年でよくやったよ、頑張ったんだね(T_T)
e0075693_2048286.jpg
壊される前に塔の上に立っていた十字架は1993年に瓦礫の中から発掘されたけど、それは“戦争記念碑”として教会内部に展示されてて、今の高さ7.6m、重さ28トンの十字架は、ドレスデン空爆を行ったイギリス軍兵士の息子が制作したものをイギリスが“和解の印”として贈ったそうだ。
空爆した人の息子が十字架を製作したって・・・不思議なつながりだよねぇ~。
e0075693_2102457.jpg
あと10日もすれば今年も終わりか、余裕だなぁ~って思ってたら、ここにきていきなり仕事が・・・(-_-;)
もう年末まではお風呂掃除くらいしかやることはないだろうって思ってたのになぁ~。
でね、法務局に行かなきゃいけなかったから、ついでに!?おでん種屋さんに寄ったの(笑)
ケースには美味しそうなのがズラッと並んでるし、後ろではドンドン揚げてるし、だからって欲望のまま買ったら大変なことになるじゃん。
つみれ、練り物のスジ、牛スジはすぐに決まったんだけど、揚げたてのものも欲しいし・・・。
ん~~~って悩んでたら、お店のおじさんが「あっ、薬局にいたでしょ」って話しかけてきた。
たしかに薬局には寄ったけど、まさか見られてたとは・・・っていうか、顔まで覚えられてたとは・・・。
この顔じゃ悪いことはできないなって思ったね(爆)
[PR]

by hiro428 | 2009-12-21 21:46 | '09 中欧5カ国
2009年 12月 20日

5ヵ国目ドイツ/マイセン

5日目:

ついに5ヵ国目ドイツへ!!
ドイツは3都市を周るの、まずは陶磁器の街マイセン
やっぱカツサンド最高だよな」とボケるノン智に「そっちの“まい泉”かよ!」とツッコミは忘れずに!?(笑)
ちなみに、ピーチャイも「マイセンに行った」って話したら同じようなボケを・・・(-_-)
ノン智がこちらの世界に近づいてることは確かだな、ククク・・・。

8時過ぎに出発するから集合は8時ってことだったのに、10分前にはほとんどの人が集まってた。
絶対に一番だと思ってたのになぁ~~~(笑)
マイセンに向かう途中、車窓からすごくキレイな湖が見えたの。
湖に山が映りこんでて、「うわぁ~~~、逆さ富士みたいぃ~~~」って思って、ふと思い出した。
成田空港を出発して数時間後、外を見て「雪がある~」って言ってる人たちの声が聞こえたの。
で、何も考えずに「富士山が見えるらしいよ」ってノン智に言ったら、「本気で言ってるの?本当に富士山が見えると思ってるの?」って真顔で言われた。
はっっっ!!ルートも違えば、時間的にもおかしすぎる。
でも、私・・・本気で富士山が見えてるんだと思ってたのよね(-_-;)
そんなことをドイツの片田舎で思い出しちゃったわぁ~~~。
e0075693_1237733.jpg
プラハから約176km走ってマイセンに到着。
ステキな景色だなぁ~って思ったら、写真を撮るために数分だけバスが道路脇に止まった。
バババ・・・と降りて、パシャパシャパシャと撮って、またドタドタドタとバスに乗り込む。
で、撮ったのはマイセン大聖堂アルブレヒツ城
それから、エルベ川橋を渡る電車
e0075693_12373142.jpg
レストランに早めに着いちゃいそうだからって、名前も知らない小さな広場に立ち寄った。
ある1件のお店でクグロフ型を買おうか迷って、すごく迷って・・・やめた(爆)
持って帰るのもだけど、家でしまうのもかさばる形じゃん。
だったら、アメリカでシリコンのを買ったほうがいいんじゃないかって思ったの。
帰国してから調べてみたら、日本で買う値段とかわんなかったし、無理して買わなくて正解。
物によっては日本のほうが良いものだったりもするし、欲しいと思ってるものはすごい出会いもあるかもしれないから、行く前に調べておくといいね。
e0075693_12374527.jpg
ランチは、マイセンの工房からすぐ近くのレストランだった。
黒ビールがオススメということで、私は黒ビールを注文。
ノン智は黒ビールじゃなくて普通のって頼んだけど、これももちろんオススメのビールだった。
黒ビールは日本で飲むのよりも軽くて、グビグビ飲めちゃう感じかな。
e0075693_1238088.jpg
中華との融合か!?卵入りのコンソメスープが出てきた。
優しい味で美味しかった。
e0075693_12403167.jpg
今日のお楽しみは、朝から添乗員さんが「1本だけど食べ応えがあるんですよ!」と大絶賛してたソーセージ
焼きすぎって思っちゃうくらい、これくらい焼いてるほうが美味しいの!!
つけあわせのマッシュポテトザワークラウトもソーセージにピッタリ!
ツアーの食事の中ではこれが一番だったかもしれない(^-^)
前日の夕飯がホテルのビュッフェだったから、それで余計に美味しく感じたのかな!?
ビュッフェはねぇ~、ケーキは最悪だったけど、スープだけは美味しかった。
e0075693_12381290.jpg
ここはデザートも美味しかったんだぁ~。
イチゴのムースだったんだけど、無骨なイメージのドイツ人にもこんな繊細なものが作れるのねって思ったほど(^m^)
e0075693_12382593.jpg
道を渡って、マイセン陶磁器工房へ。
工房見学のスタート時間まで、併設してる博物館を見て周った。
e0075693_12383775.jpg
1部屋ごとに日本語のテープが流れ、職人さんたちが技を見せてくれる。
「私、雇ってくれないかなぁ~」って言ったら、ノン智に「ヒロちゃん!いいから黙って!」って怒られた。
判る人には判る、巨匠レベルの腕を持ってるんだけどなぁ~~~( ̄- ̄)
e0075693_12404742.jpg
気に入ったものがあればだけど、ここで買うほうが安いらしいよ。
私はアウトレット商品ですら買えなかったけど・・・。
カップ&ソーサーを1客だけ買ったおばさんが「2客買ったら、もう1客つける」って言われたんだけど、1人だし、そんなにいらないからって断ったそうだ。
でもね、ベルリンの日本人相手のお土産屋さんで同じものが売ってて、その値段を見たら「買っとけばよかった!!」って凄い後悔してた(笑)
そのお土産屋さんが高すぎるってこともあるけど、マイセン工房は本当に安く買えるのかもね。
e0075693_124059100.jpg
工房見学の後の自由時間は、近くにあるスーパーマーケットに行った。
添乗員さんがいつも行くところで、箱のまんま置いてあるようなとこだから安いんだって。
そういうとこ大好き!!
私は食材、ノン智はお菓子、買うのもが違うから夢中になってたらどこにいったかわかんなくなっちゃってさ。
同じツアーの人に「うちの相方見ませんでした?」って聞いちゃった(笑)
日本人相手のバカ高いお土産屋さんなんかよりさ、こういうとこで1時間くらい欲しいなぁ~~~って思ったね。
マイセンはこれで終了、マイセン大聖堂もアルブレヒツ城もバタバタと写真を撮っただけ。
で、今度は27km走ってドレスデンへ。
あ~~~、午前中の余裕はなんだったんだろう???
[PR]

by hiro428 | 2009-12-20 15:16 | '09 中欧5カ国
2009年 12月 19日

4ヵ国目チェコ/プラハ④

次に案内されたのは旧市街広場
ここでボヘミアングラスのお店に案内された。
日本人の女性店員がイロイロ説明してくれたけど、まぁ~~~買ってこそのお客様って感じ!?( ̄ー ̄)
手軽なお土産として紹介されたのは1000円くらいから買えるガラスの爪やすり
ちょっと面白いなぁ~と思って耐久性とか聞いてみようとしたけど、日本人店員がいるのは高級な花瓶とかが売ってる所で、爪やすりなんてのが置いてある場所にはいないわけ(笑)
買い物ってタイミングもあるからさ、スッカリ買う気も失せたし、無料の不味いコーヒーを1杯もらって外に出た。
他のお土産屋さんでもガラスの爪やすりが同じくらいの値段で売ってたけど、実は日本でもそのくらいで買えるらしい。
そんなもんよねぇ~~~(-_-;)
e0075693_11253487.jpg
この広場の一番の観光ポイントは、毎正時に十二使徒のからくり人形が出てくる天文時計
元々は1410年に作られて何度も修復されたりしてたんだけど、1945年にこの辺りの建物と一緒に暦表盤も焼かれちゃったんだって。
で、すっごい頑張って直して、1948年に再び動き始めたそうだ。
この時計は、空の太陽や月の位置などの天文図を示すための文字盤、「使徒の行進」って呼ばれる十二使徒のからくり人形月々を表す暦表版からなってるの。
お土産屋さんにも売ってたけど、私には難しすぎて読めないね(´。` ) =3
e0075693_11292326.jpg
さてさて、真正面を陣取ったぞぉ~~~!!
上の明るい写真のほうがわかりやすいかもしれないけど、時計の左側に“虚栄を示す鏡を見て自分にウットリしてる男”“強欲を示す金袋を持ったユダヤ人”、右側に“人生の時間を示す砂時計を振る死神”“煩悩を表すリュートを持ったトルコ人”がいるの。
ガイドさんいわく「優し気持ちで見てください」と・・・(笑)
大歓声が沸くような凄いからくりがあるわけじゃないからってことみたいだけど、どんなもんなのかは見てみたいよねぇ~。
毎正時、時計の右側の死神が紐を引くと上の窓が開くの。
窓の中では十二使徒の人形が回ってて、次々と時計の横のウットリ男とかユダヤ人とかトルコ人をチラ見するわけ。
で、最後に鶏が鳴いて、窓が閉まって終わり。
たしかに、優しい気持ちで見ないと「それだけ!?」って思っちゃうかも・・・(爆)
e0075693_11301133.jpg
優しい気持ちね!って自分に言い聞かせながら周りを見ると、みんなもそんな感じ・・・(^m^)
向こうのほうに見える幻想的な2つの劣塔は、教会の裏手に税関「ティーン」があったことからティーン教会って言うんだって。
正式名称は「ティーンの前の聖母マリア教会」。
塔の高さは80mで、アダムとイブを象徴してるとか・・・。
e0075693_11302341.jpg
カレル大学の総長で、プロテスタント運動の先駆者だったヤン・フスの像も見上げてる!?
ちなみに、このヤン・フスって人は、異端者として杭にかけられて焼かれて、遺灰は近くのライン川に捨てられたんだって。
このヤン・フス像は1915年、没後500年の記念に建てられたそうだ。
e0075693_11303523.jpg
広場からはいくつもの小道が延びてて、市場が出てるって小道に行ってみた。
あ~~~、もう店じまいみたい。
台所に置くと魔除けになるっていう魔女の人形がたくさん売ってたけど、知らない人に買ってったら、ただの嫌がらせだよね(笑)
だって、“魔除け”だから怖い人形のほうがより良いって言うんだもん。
チェコはまだユーロじゃなかったから買い物はしなかったけど、ユーロだとしても魔女の人形は・・・なぁ~~~。
市場の奥に見えるのは聖ミクラーシュ教会
時間もなかったから行かなかったけど、教会内部も素晴らしいらしいよ。
e0075693_11304782.jpg
夕べ、両親がバスの送迎つき温泉旅行から帰ってきたのね。
「運転手さんの話だと6時前には着くみたい」って電話が来たから、急いで新宿まで迎えに行ったんだけど道がけっこう混んでたの。
で、6時に新宿に着いて母に電話したら、渋滞でまだ三宿の辺りだって言うわけ。
えぇ~~~、そこで降ろしてもらっちゃいなよ!って場所じゃん(笑)
まだけっこうかかるなって思って、「じゃぁ~トイレに行ってから待ってるよ」って言ったの。
トイレで思い浮かぶのは、いつも迎えに行く京王プラザホテル
でも・・・久しぶりに新宿を走ったら軽く迷子になっちゃってさぁ~~~。
全く知らないならカーナビに頼るけど、20年以上住んでた場所だと思って余裕ぶっこいちゃったんだね。
あ~~~、行けないと思うと行きたくなるのがトイレ。
落ち着いて考えれば、トイレなんていくらでもあるわけ。
なのに、「京プラの道はもう1本向こうだったか!!」とか焦っちゃってさ( ̄^ ̄)
あの界隈をグルグル周っちゃって、やっと京プに到着。
ゼェゼェしながらトイレに駆け込む姿・・・ホラーより怖いって!?(爆)
バスが到着するとこまで戻って、DSでもやってようかとも思ったんだけど、カーナビでテレビを見ながら待ってたの。
そしたら、真っ暗なのに掃除をしてるおじさんが現れて、私の車の後ろをず~~~っと掃いてるの。
ドンドンドン!なんて車を叩かれたら、ひえぇ~~~!!って急発進しちゃいそうだけど・・・本当にただ掃除してるおじさんだった(^m^)
で、帰ってきてテレビをつけたら、日本一怖い話を決める“怪-1グランプリ”なんて番組がやっててさぁ~。
もちろん面白そうだから見ちゃったけど、私にとっては車の後ろを掃き続ける“掃除おじさん”のほうが怖かった。
やっぱ、生身の人間が一番怖いのかもね≡≡≡=(ノTдT)ノ
[PR]

by hiro428 | 2009-12-19 11:01 | '09 中欧5カ国