ヒマでも食べる

damenichi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 23日

右も左も・・・

4日目:7月8日(金)

前日とはうって変わって、とてつもなく残念な天気だった。
でも、ケープコッドに来た一番の理由がなくなってしまうからと、車を走らせ「Provincetown」へ。
ホテルの朝食は、まだロビーが開いてなくてコーヒーも飲めなかった。
部屋のコーヒーを飲めってことなんだろうけど、2泊したのに補充もされてなかったのよね。
仕方ないので、途中にあったマックで久しぶりに“マック・グリドル”食べちゃった。
日本にいるとファーストフードって全く食べないから、とっても新鮮な気持ち(^▽^)

U.S.6をひたすら進み、途中「これがサンダーストームってやつか!?」ってくらいの雷雨にも見舞われたけど、なんとか無事にプロビンスタウンに到着。
街には入ったけど曲がる場所がつかめず、そのまま進んだらUターンするとこまで行っちゃった。
ってことは・・・半島の先端部分だったのかな???
車を停めてちょっと歩いてみたら、記念碑みたいのがあった。
1620年メイフラワー号でイギリス南西部プリマスを出港したピルグリム・ファーザーズ(イギリスの清教徒)が新大陸(アメリカ)に着いて、初めて錨をおろした場所らしい。
e0075693_8431936.jpg
メイフラワー号の本当の目的地はハドソン川河口(ニューヨーク市付近)だったんだけど、荒天でコースを外れちゃったそうだ。
で、冬になっちゃったってたから、そのままケープコッド湾に留まって船内で越冬したんだけど、その前の66日間の厳しい航海で病気になったりしてたから、冬を越せた人は半分くらいだったみたい。
船に乗ってたのはピルグリム・ファーザーズがほとんどだったけど、他にも労働者、使用人、農夫なんかもいたんだってさ。
で、航海中に1人、越冬中に1人、子供が生まれたとか・・・。
ってことはさ、出港したときには妊婦さんが少なくとも2人は乗ってたってことだよね。
はぁ~~~、凄いよねぇ~~~。
e0075693_8463074.jpg
「ピルグリム・メモリアル・モニュメント」は街のシンボル的な塔で、ピルグリム・ファーザーズの第一歩を記念して造られたものだそうだ。
塔には階段であがることが出来て、天気が良ければ素晴らしい景色が見れるらしい。
なんでタウンホールポルトガルのにわとりが描かれてる旗があるんだろう?って思ったら、1800年代にポルトガル領のアゾレス諸島(大西洋の中央部マカロネシア)からポルトガル系の漁師がたくさん移り住んで、今でも住民の多くはポルトガル系なんだってさ。
e0075693_109518.jpg
プロビンスタウンって、ゲイが多く住んでることでも有名なんだって。
そんなことスッカリ忘れてたけど、普通に男性同士が指を絡ませて仲良く歩いてる姿を見て、「あ・・・そうか」って思い出した。
たしかに、右を見ても左を見てもゲイだらけ、どこの家の前にも同性愛者の象徴“レインボーフラッグ”があったもんなぁ~。
e0075693_10152630.jpg
ココは観光地でもあるから、家族連れもたくさんいたよ。
私の目的も家族連れと同じ、そう!ホエール・ウォッチング!!
e0075693_10171956.jpg
雨が降ったりやんだりって怪しい天気だったから、パーキングに車を入れるのも迷ったのよ。
港に一番近いとこは1日$15、ちょっと離れたとこだと1時間$2.5で1日だと$13。
$13のところに入れるべきか悩んでると、そのすぐ隣(奥)に1日$10のパーキングがあった。
「$10なら入れちゃおう!」って、その$3が運命の分かれ道だった(^m^)
パーキングに車を入れると、どこからともなくおじいさんが現れて、$10を徴収して車のフロントに置いておく紙をくれた。
そして「あのシルバーの車の隣にバックでいれろ」って震える声で何度も何度も言うの。
「わかった」って言っても車から離れない。
離れてくれなきゃ動けないんだけど、おじいさんもすぐには動けないようだった(-_-)
日差しがあれば猛烈に暑いのに、この日は肌寒かったからパーカーを着て、海はもっと寒いだろうからウィンドブレーカーも持ってった。
船上でお腹が空いたときの非常食として水とお菓子も持参した(^▽^)
e0075693_10305399.jpg
ホエール・ウォッチングの会社はいくつかあるらしいけど、1人につき$2オフ券をプリントしてったから「Dolphin Fleet」って会社にした。
3時間半~4時間のツアーで大人1人$40、99.9%鯨を見せる!ってことらしい。
もし見れなかった場合は、別の日のチケットをくれるとか・・・いやいや、無理っす!!
e0075693_10361099.jpg
10時のチケットだったから、乗り遅れちゃヤバイって早めに乗船。
下の客席もいいけど、せっかくならデッキでと思って屋根のある部分に陣取った。
それにしても、こんな天気で大丈夫なのだろうか???
まぁ~天気が悪くたって、鯨もお腹が空けば餌のあるとこに来るよね。
その姿がどんな状況で見れるかってことだな。
e0075693_10422536.jpg
さぁ!鯨を見ることはできるのか?

それは、また次回・・・。
[PR]

by hiro428 | 2011-07-23 10:51 | アメリカ/ME


<< ホエール・ウォッチング      肉々しいハンバーガー >>