ヒマでも食べる

damenichi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 07日

世界遺産のハシゴ

7日目:9月12日(月)

早めに目が覚めたので、ホテルから歩いて5分のトゥルッリを見に行ってみることにした。
でもホテルを出て右か左か忘れてしまったので、なんとなく左へ。
ん~~~、5分くらい歩いてみたけど、それらしきものは見えなかった。
ホテルの前まで戻ると、右に5分以上歩いた人たちと会った。
どうやら右に5分でもなかったようなので、ホテルの隣にあったカフェでエスプレッソを飲むことにした。
今までのホテルの朝食に出されたコーヒーはそんなに美味しくなかったのね。
だから、朝食前だったけど、美味しいのが飲みたいなぁ~と思って入っちゃったんだ。
しかーーーし!この日の朝食のコーヒーはちゃんと1杯ずつマシーンで入れるタイプで美味しかったのぉ~(;_;)
ま、カフェのおじさんとの交流があって楽しかったからいいけどね。
e0075693_16172784.jpg
朝食後、歩いて世界遺産アルベロベッロ観光へ。
ホテルから左に歩いて行ったから、5分ってのが怪しかっただけで方向はあってたんだね。
偶然、サボテンの実を収穫してる人と遭遇。
棒の先に紙コップみたいな形の金具がついてて、その中にサボテンの実が入るようにしてクルッと回すとトゲトゲが刺さらずに収穫できるらしい。
収穫した後だってトゲトゲがあるはずなんだけど、その後はどうするんだろうね???
e0075693_16211891.jpg
サボテンの先にトンガリ屋根が見えてきた!
左に真っ直ぐ一本道でもなければ、歩いて5分でもなかったぞ(-_-)
e0075693_19165718.jpg
“美しい樹”って意味の街アルベロベッロには、トゥルッリというトンガリ屋根に白い壁の家が約1000軒あるそうだ。
e0075693_17185718.jpg
今でもちゃんと人が住んでて、外にテーブルを出して食事をする人達や新聞を読むおじさんもいた。
e0075693_170141.jpg
一つの屋根に平らな石を何層にも積み重ねてるってことを説明してる添乗員の横に寄り添うイタリア人ガイド。
どうにもゲイにしか見えなくて・・・おしゃれな男性って紙一重だよね!?
あ、もちろん見た目的な話ね、実際にはどうなのか知らないけどさ。
e0075693_173622.jpg
15世紀末、アクアヴィーバ伯爵(ジャン・ジローラモ2世)って人が、この街を支配してたナポリから送り込まれたんだって。
ナポリ王は伯爵から家の数だけ税金を収めさせてたんだけど、伯爵は税金をごまかしたいから、国の役人がやってきたときに「これは家じゃない」って言える家を造れって農民たちに言ったそうだ。
役人が来るたびに伯爵の命令で何度も何度も解体と建設を繰り返さなくちゃならなかった農民達は、ちょっとした細工ですぐに屋根が壊れる家“トゥルッリ”を考えついたんだってさ。
e0075693_19195145.jpg
トゥルッリの屋根にはシンボルマーク!?が描かれてた。
e0075693_1757426.jpg
どこにでも日本人はいるもので・・・日本人女性が経営するお土産屋さんに案内された。
日本の某民放テレビ局がそこの屋上から撮影をしたとかで、何も買わなかったけど写真だけ撮らせてもらった。
たくさんお店があるのに「他のお店より安いです」とか言われて他のお店は素通りだとさ、本当に安いのかよぉ~って思っちゃって、その瞬間に買う気が失せちゃうんだよね。
トイレ休憩として寄るお店もあるけど、そこは写真のためのお店なのかもねぇ~。
e0075693_1872348.jpg
街中の写真を撮りながらホテルに戻って、ホテルの並びにあるスーパーで買い物した。
同じことを考えてたご夫婦もいて、スーパーで「何がオススメ?」って聞かれちゃった。
イタリアの食材は日本でも簡単に手に入るから、乾燥ポルチーニとか日本より安く買えるものをオススメした。
e0075693_18124170.jpg
ホテルに集合後、バスで30分ほどのマテーラ観光へ。
e0075693_18182016.jpg
岩山をくり抜いて作られたサッシっていう洞窟住居が世界遺産なんだって。
e0075693_18183099.jpg
テラコッタ製の鳥の形の伝統的な笛“ククー”を売る少年がいた。
たぶんガイドさんは顔馴染みなんだろうね、勝手に手にとって説明して、また元に戻してた。
少年も苦笑いしながら笛の実演をしてた。
この笛、とーっても難しいらしいよ。
e0075693_18281499.jpg
洞窟住居“サッシ”がいつ頃から作られたかは不明。
でも、8~13世紀にかけてイスラム勢力から逃れた修道僧が130以上のサッシに住み着いたって言われてるってことは、その前からあったってことだよねぇ~。
e0075693_182852100.jpg
無料で紹介ビデオが見れる洞窟があった。
ここが涼しくてねぇ~、もう最高!!
e0075693_1830582.jpg
15~16世紀にはオスマン帝国に追われたアルバニア人やセルビア人などが移住してきて、1663年にバジリカータの州都となり繁栄期を迎えるが、1806年にポテンツァに州都が移されると経済が悪化して衰退。
サッシは南イタリアの貧しさの象徴とされ、第二次世界大戦時には廃墟と化してしまった。
しかし!1970年代以降、建築学上、貴重なものじゃないか?って思い始めたイタリア政府が、サッシの保存に乗り出した!!
サッシに人が戻り始めて、今は70%が住居、ホテル、レストランなどに使われてるそうだ。
e0075693_19134132.jpg
午前中だけで2つの世界遺産をハシゴしてしまった。
ある意味、お腹一杯!?
いやいや、やっとランチだ!!

つづく。
[PR]

by hiro428 | 2011-10-07 19:15 | '11 イタリア


<< アコーディオンじじい      イタリア本土へ >>