ヒマでも食べる

damenichi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 09日

刀削麺とマッサージ地獄!?

刀削麺”が食べたくて、でも、いつも行ってた店がちょっとイマイチになってたから、別のお店に行ってみることにした。
そこは、「朱記餡餅粥」という有名店で、刀削麺より他のものが有名な店らしい。
店構えは立派だけど、高校生のグループもいたから、値段はリーズナブルなのかもね。
それにしても、こんなに駅から遠いとは・・・ってくらい、かなり歩いた気がする。
店に入ると、2階に行くように言われ、アルバイトみたいなおねえちゃんが大きな円卓に案内してくれた。
でも、そこにはすでに伝票が置いてあって、それをどけたら、そのアルバイトみたいなおねえちゃんが何やらすごい勢いで「あっちに座れ」とか言ってる。
「おめぇ~がココに案内したんだろうが!」って思ったけど、まぁ、それが台湾だよなって納得。
その伝票の主である合い席になったサラリーマン達は、黙々と・・・いや、ガツガツと食べてサッサと出て行った。
ちょうど入ったときは混んでる時間だったみたいで、私達が食べ始めた頃には空いてきて、大きな円卓に2人だった。
e0075693_1544516.jpg
牛肉刀削麺”は、ただえさえモチモチした麺だから時間を置くと大変なことになる。
なるべく早く、伸びない内に食べた。
すごい感動はなかったけど、普通に美味しかった。
牛肉だけのじゃなくて、牛肉+トマトってのだったら最高だったんだけどなぁ~。
写真右の“牛肉捲餅”は、多目の油で焼いた薄い餅のような歯ごたえのに、薄い牛肉、きゅうり、ねぎ、甘い味噌を包んだもの。
以前、ピーチャイと台北に行ったときに台湾人の知人に紹介されたレストランで食べたことがあって、「美味いなぁ~」って思ったから、また食べてみた。
美味しかったんだけど、散々いろんなものを食べ続けてたから、油で揚げ焼きしたような皮がきつかった。
自分で作るときは、蒸すか、油なしで焼いた春巻きの皮で巻き巻きしたらいいかもなぁ~って思った。
味的には・・・北京ダックの薄切り牛肉バージョンって感じかな!?
e0075693_1524822.jpg
小米粥”っていう粟のお粥も有名らしいから頼んでみた。
ん~~~、一度食べれば十分だね(笑)
これには味がほとんどないから、塩をかけてもいいんだけど、少し砂糖を入れて食べても美味しいって情報だったから、砂糖を入れてみたら本当に美味しかった。
」なんて、なかなか食べる機会もないから、食感とかは面白かったな。
e0075693_15143520.jpg
お腹はいっぱい、でも足はヨレヨレってことで、台湾でもマッサージに行った。
台北に4店舗ある「太極堂」の駅から一番近い「市府中心店」に行ってみた。
MRT市政府駅の4番出口を出て、そのまま道なりに歩いてすぐの2階にあった。
e0075693_152066.jpg
初めてのお店だから、とりあえず足のマッサージをやってもらうことにした。
まず、“蔘霖浴”という粉が溶かしてあるお湯で足湯を10分くらい。
蔘霖浴ってのは、朝鮮人参エキス、紅花、桂枝、薄荷など三十数種類の漢方の薬草、ミネラル、殺菌成分を配合したエッセンスだそうだ。
足を拭いて、使い捨てのスリッパを履いてマッサージ用の椅子に座った。
私の担当は薄くなった髪の毛をポニーテールにしてるおばちゃん、ノン智の担当は日本語が話せるおじちゃんだった。
おばちゃんは無言でマッサージに専念してくれたけど、おじちゃんはツボを押すたびに番号を言っていた。
その番号ってのは、足の絵に番号が書いてあって、その番号の場所が痛いと、そこが悪いってことらしい。
私はすご~~~く気持ちよかったんだけど、隣のノン智は痛がっていた(笑)
e0075693_15275840.jpg
帰国する前日、今までの疲れを取るために全身マッサージを受けることにした。
用意されたパジャマに着替え、トイレに行って準備完了。
足のときと同じペアで、私にはおばちゃん、ノン智にはおじちゃんが担当になった。
足のときと形勢逆転・・・私は地獄を見た(_△_;)
カーテンの向こう側で、ノン智もおじちゃんに同じことされてるもんだと思ってた。
でも、ノン智は至福の時を過ごし、私はおばちゃんの唯一知っている日本語「キモチ~」という言葉に「痛いって!!」と反論しながらも痛みに耐えた。
マッサージが終わったというより、戦いが終わったって感じだった。
結果は、もちろん惨敗ですわ。
戦いの後のベッド↓……(o_ _)o
e0075693_15363799.jpg
戦いの後の台北101の夜景が目にしみたぜぇ~(/_;。)
痛みに耐えたことで、寝る前には腹筋が痛くなった。
翌日には、触れるだけでも、シャワーがあたるだけでも肩が痛かった。
もみ返しなんてもんじゃなく、打ち身!?
「足だけにしとけば良かったなぁ~」って言ったら、ノン智は「最高に気持ち良かったよ」って。
カーテンの向こう側で私がどんなことになってたかを帰国してからノン智の部屋で熊プーのぬいぐるみを私と仮定して再現した。
すると、「えぇ~~~!!そんなことされてたの~~~!!」と、バカうけ(-゛-メ)
マッサージ師もカーテンの中では自分のやりたいようにやるのかな???
首というか、喉のツボを押されたときは「逝くな・・・」って思ったよ、マジで・・・。
マッサージ師、恐るべし!!
親指2本であの世逝きにされるとこだった!?
[PR]

by hiro428 | 2007-12-09 15:54 | 台湾


<< ホタテが隠し味!?の小籠包      焼きたて胡椒餅 >>