ヒマでも食べる

damenichi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 18日

浅草「モンブラン」のハンバーグランチ

みなさん12月はお忙しいようで、毎日更新!って頑張ってる私は何なんでしょう???
年に2・3回しかない仕事の山場が過ぎ、やることはあるんだけど、まぁ時間もあるって感じなんだよね。
今朝も、朝一番に鯵が届いて、それをさばいちゃったりなんかして・・・。
決して、魚屋でも専業主婦でもないんですよ。
これでも職業欄には「会社員」と書いてますから!!(笑)

ブログ用に撮ったはいいけど、旅ネタのせいで載せられなかったものを年内中に載せていきたいと思ってますので、お時間のある方、どうぞお付き合いください\(^_^=^_^)/


8月の終わり頃だと思うんだけど、浅草の「モンブラン」って洋食屋さんに“ハンバーグ”を食べに行った。
ランチは、ハンバーグ+ライス+みそ汁+ドリンク890円!!
ソースは、フランス風、ロシア風、メキシコ風、オランダ風、和風、イタリア風の6種類から選べる。
行く前までは、チーズこてこてのオランダ風にするぞ!って思ってたんだけど、なんだかロシア風ってのが気になって注文。
ノン智は、やっぱり!?こてこてのオランダ風を選んでいた(笑)
e0075693_1673268.jpg
厚揚げを煮た小鉢までついてた( °o°)
そして、ドリンクは昔懐かしい“コーヒーフロート”にした。
ホットかアイスしか選べないんだと思ったら、アイスがのってるコーヒーフロートでもいいって言うから、それは選ばない手はないよねぇ~。
で、ロシア風ってのは一番“普通っぽいソース”だったみたい、しくじった・・・( ̄□ ̄;)
こてこてのオランダ風は、あまりにもこてこてで最後まで食べきれない人も周りにはいたけど、ノン智はもちろん完食
日々、こうやって胃を鍛えてる私達!?
e0075693_1685669.jpg
お腹がいっぱいになった後は、私の大好きな浅草寺へ。
いつ行っても人が多いけど、お正月に比べたらかわいいもんだった。
e0075693_1692831.jpg

e0075693_169434.jpg↑“雷門”って書かれてる大きなちょうちんの底の部分にはが彫られてるって知ってた?
これを撮るのが意外と大変だったんだよね。
私が苦労してクルクルまわってたら、ノン智が「ヒロちゃんが動くことないじゃん。カメラを動かせばいいのに・・・」って、あ~もっともでございますo( _ _ )o

もちろん、お参りも忘れずに・・・。
煙もいっぱい“頭”につけといた(笑)
e0075693_16363313.jpg
手と口をすすぐ水は、龍の口からピューっと出てる。
浅草寺の正式名称は「金龍山浅草寺」、だから“”ばっかりなのかな???
凶のおみくじを引いちゃった人だけがここに結んでいいんだけど、お約束!?ノン智は凶を引いていた(* ̄m ̄)
たしか、大凶ではなかったと思うんだけど・・・!?
ノン智のおみくじの内容はボロボロ、例えば「願望:叶わないでしょう」「失物:出てこないでしょう」「待ち人:来ないでしょう」などなど、もう全否定!!(..、)ヾ(^^*)
e0075693_16384421.jpg
小舟町”と書かれた大きなちょうちんの底には、2匹の龍が彫られている。
本当に龍好きにはたまらないお寺、それが浅草寺q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p
境内には、地味だけど、縁結びの「久米平内堂(くめのへいないどう)」っていうのがある。
久米平内って人は、たくさんの人を殺してて、その罪を償うために浅草寺境内に自分が座禅してる姿の像を埋めて、それをたくさんの人に踏みつけてもらってから、そのお堂に収めたそうだ。
「踏付(ふみつけ)」→「文付(ふみつけ)」になり、“願い事を書いたものをお堂に納めると叶う”と言われ、それが江戸中期以降“縁結びの神”になったらしい。
50円を入れたノン智5円しか入れなかった私、“お賽銭は気持ち”とはいえ、ご利益は・・・(  ̄3 ̄)~♪
e0075693_16444834.jpg

e0075693_16451097.jpg境内からすぐの「浅草 島そば」は、“元祖ジャンボメロンパン”が有名らしい。
でも、気になったのは“わさびラムネ”と“カレーラムネ”。
飲む勇気がなかった(。><)

歩くの大好きな私達、浅草から合羽橋を抜けて上野まで歩いた。
合羽橋には親戚のお墓もあるから、たま~~~に行くんだけど、この黄金に輝く河童を見たことがなかった。
以前、「HEARTFUL KITCHEN」のHONAMIさんがエキサイトブログをやってたときに紹介してて、見てみたいなぁ~と思ってたから探してみた。
「え???こんなところにあったの???全然気付かなかった」って場所にあった。
大きいコックさんで有名なニイミから、合羽橋道具街をしばらく歩くと左手にあるから、ぜひ機会があったら見に行ってもらいたい!!
          ジャン!                    ジャ~ン!
e0075693_174633.jpg

          ジャ~~~ン!!
e0075693_1742789.jpg
かっぱ橋」の由来は、2つあるそうだ。
1.侍や足軽が、内職で作った雨合羽を天気の良い日にズラ~っと干していたという「雨合羽説」。
2.少しの雨でも洪水になったことから、合羽川太郎(本名:合羽屋喜八)が私財を投じて掘割工事を始めた。
なかなかはかどらないその様子を見ていた隅田川の河童たちが、私財を投じてまで頑張ってることに感動して工事を手伝ったという「河童説」。
そもそも、隅田川に河童!?って感じだから、私は「河童説」がいいなぁ~。
[PR]

by hiro428 | 2007-12-18 17:12 | 食べる(外)


<< 手作りカスピ海ヨーグルト      刺身の翌日は・・・ >>