ヒマでも食べる

damenichi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 18日

釜揚げシラス丼と江ノ島丼

鎌倉に行く前に江ノ島でランチ!!
江ノ島といったら、やっぱりシラスだよねぇ~~~。
でも、生シラスは1~3月が禁漁時期だから、今回“”は食べられなかった。
小田急線片瀬江ノ島駅から橋を渡って、江ノ島に渡る橋を過ぎて、江ノ電の駅に向かう道より海寄りの道を行ったとこに「忠兵衛」はあった。
高校時代から、夏になると江ノ島には毎週のように行ってたんだけど、行かなくなってからの時間のほうが長くなると忘れちゃうもんだね(×_×;)
e0075693_119570.jpg
私が頼んだ“釜揚げシラス丼”の普通サイズ
大根おろしと生姜をポン酢で溶いてから全体にまわしかける。
最初にシラスばっかり食べちゃったのは失敗だった(。>。<。)
そして、ご飯の量は想像していたよりも多かった。
e0075693_1113722.jpg
ピーサオは“釜揚げシラス丼”のミニサイズを注文。
タイ人って、1回の食事の量がすごく少ないんだよね。
で、1日に何度もっていうか、何かしら食べてるって感じ(笑)
ピーサオには、このミニサイズもちょっと多かったみたい。
私にちょうど良かったかもねぇ~、本当に普通サイズは半端なかった!!
e0075693_11171827.jpg
ピーチャイが頼んだのは、“江ノ島丼”って、サザエと玉ねぎを卵でとじたものがご飯にのってる丼。
味付けは甘辛い感じなんだけど、かなりしょっぱかった。
江ノ島丼も「チェック、チェック」と言って味見したピーサオは、やっぱり「釜揚げシラス丼が美味しい」と言っていた。
e0075693_11203774.jpg
4月に来たときに時間があったら、今度は“生シラス丼”を食べさせたいなぁ~。
あのネットリ感もまた美味しいんだよね( ̄¬ ̄)

片瀬江ノ島駅の改札手前に置いてあった「顔出し看板」。
ピーサオが「あれは顔を出してもタダなの?」と聞いてきた。
そうだ、そうだ、タイは顔出し看板も有料だったんだぁ~~~!!(≧∇≦)
江ノ島と浦島太郎のつながりはわからないけど、ピーチャイが浦島太郎、ピーサオが乙姫様になってパチリッ
e0075693_11301690.jpg
ピーサオといると、日本では当たり前のことが新鮮。
電車の連結部分が自由に行き来できることもピーサオには面白かったらしい。
そう言われてみると、タイのBTSは確かに車両が1つずつになってるんだよね。
それから、小田急線新宿駅の行き止まり部分もタイにはない。
いや、タイにあったら、怖くて終点まで乗れないかも・・・\(>o<)/
警察官が自転車で見回りをしてるのも面白かったらしい。
「自転車じゃ追いつけないでしょ?」って聞くから、「日本の警察は自転車もバイクも車もあって、肩に無線をつけてるから大丈夫なんだよ。」って説明した。
そういえば、タイの警察官の肩には、無線じゃなくて階級を示すのがついてるんだよね。

ノン智にこの話をして、「私達も新鮮な気持ちでタイに行こうよ!」って言ったら、「ヒロちゃんが一番腐ってるじゃん」って言われた。
確かにねぇ~、タイの日常も普通に受け入れるようになっちゃってるんだよねぇ~。
いかん、いかん、今年は空の色さえも新鮮に受け止めるぞ!!\( ̄▽ ̄o)/
[PR]

by hiro428 | 2008-01-18 11:42 | 食べる(外)


<< 「南瓜きんつば」と「ワカメ納豆」      鎌倉の大仏さん >>