ヒマでも食べる

damenichi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 21日

これぞ、本当のミニパト!?

旅行中ず~~~っと天気には恵まれて、日差しもポカポカだったから、私の中の「冬のヨーロッパのイメージ」が変わった。
でも、最終日の朝は、今まで持ってたイメージそのものって感じだった。
薄曇りのような、霧がかかってて、芯から冷えるっていうのかな。
「冬のヨーロッパはポカポカ陽気」って勘違いしたまま帰国せずに済んで良かったよ(>v<)
外に出るまで、そんなに寒くなってるとは知らなかったから、スカーフも手袋もしまっちゃってて、最終日に一番寒い思いをしてしまった。
歩いてれば温かくなるはずだ!と迎えが来るまでの数時間で、行ってなかった名所を周ってみる事に・・・。
まずは、1874年に現在のリンク沿いに移された「ブルク劇場」。
元々、1776年にヨーゼフ2世が宮廷劇場を「美しいドイツ語の演劇を上演する劇場」として“国民劇場”って名付けたことから始まったそうだ。
今は、ヨーロッパの有名な劇団などの公演も行われているらしい。
e0075693_1149963.jpg
ブルク劇場の向かいにあるのが、5つの尖塔を持つ「市庁舎」。
中央の尖塔には、“ラートハウスマン(市庁舎の男)”という、そのまんまなネーミングの騎士像があるらしいんだけど、ん~~~わからん!!( ̄‥ ̄) = =3
ここの地下にある「ラートハウスケラー」ってレストランは、100年前から営業してて、オーストリア料理が食べられるそうだ。
アーチ型の天井の広い店内では、ディナーショーも楽しめるとか・・・。
ウィーンに行く機会があったら、今度は行ってみたいなぁ~。
e0075693_1373090.jpg
市庁舎の前にはスケートリンクがあって、グル~っと1周できるコースなんかもあった。
トイレや温かい飲み物なんかが売ってるお店も出てて、値段とかはわかんなかったけど、けっこう大人気っぽかった。
小さい頃からこんなところで滑ってれば、大人になってからも楽しめるよね。
私だったら、今「やれ」って言われたら、絶対に「やだ!」って言うな。
だって、スケート靴を履いて歩いただけで捻挫しちゃうかも・・・(″ロ゛)
e0075693_13124662.jpg
グル~っと歩いて、「国会議事堂」にも行ってみた。
ハプスブルク王朝時代は帝国議会、今は国民議会・連邦議会が開催されているそうだ。
民主主義発祥の地“ギリシャ”にちなんだ古代ギリシャの神殿を模した様式で、国会議事堂前には“パラス・アテナの泉”というのがある。
アテネの女神像の足元にある神像は、ドナウ・イン・エルベ・モルダウの4つの河を象徴しているらしい。
e0075693_13241671.jpg
途中、こんなガソリンスタンドを発見してしまった。
こんな作りでいいの?大丈夫なの?地震がないから?とか、いらぬ心配をしてしまった(笑)
e0075693_13285632.jpg
マドリッドの空港とホテルの送迎をしてくれたおじさん達の車はどっちもベンツだったけど、ここではタクシーもベンツだった。
タクシーに乗ることはなかったけど、どうせ同じお金を払うなら、乗りごごち&安全性でベンツを選びたいよね(;¬_¬)
e0075693_13334770.jpg
ピーサオが日本に来たとき、自転車でパトロールしてる警察官を見て驚いてたように、私もスマートのパトカーを見て驚いた。
そして、写真を撮るためにパトカーを追いかける私ε=ε=ε=ε=ε=┏( ・_・)┛
捕まっても全然怖くないぞ、むしろ乗せてくれって感じ!?
路面電車が通過するのを待ってる姿なんて、愛おしささえ感じてしまったよ。
日本のミニパトってのは、軽自動車~1500cc以下の小型自動車を用いたパトカーのことだけど、このスマートのパトカーこそ、本当のミニパトだよね!!(≧∇≦)人(≧∇≦)人(≧∇≦)
e0075693_1342346.jpg
ヨーロッパの歴史のある建物って、晴れてるときもきれいだけど、こんな天気の日のほうがシックリくるような気がする。
あくまでも、私の中のイメージなんだろうけどさ(笑)
でも、こんな日に日本から到着した人は、「やっぱり冬のヨーロッパは暗いな」って思っちゃうのかもしれないね。
[PR]

by hiro428 | 2008-03-21 14:03 | '08 スペイン・オーストリア


<< 寒い季節限定      家用土産はスーパーが基本!? >>